【スイング練習-理論編】ドアスイング 一番簡単なスイング理論

ドアスイング

野球等ではよく言われるスイングですが、ゴルフでもよく使われます。
どちらかというと悪い方で・・・

ドアスイングとは、家のドアをイメージしてください。ドアは、上から下まで一枚の板ですよね。このドアのように上半身、下半身が一枚の板、そして、腕が上半身に垂直にくっついているように動くことです。

下半身・上半身が一緒に動くという点でいうと捻転差が使用できないので、飛ばしたい方には不向きかもしれません。
プロゴルファーなどは、やっぱり飛ばさないとならないので、ドアスイングになっている人は少ないと思います。

だけど、それはトレーニングも練習量もアマチュアとは次元が違うプロゴルファーのお話。

アマチュアゴルファーには、よほど筋力や柔軟性がある方は別として、標準的な筋力で初心者でしたらドアスイングから始めてみるのもよいかもしれません。

何しろ、ドアスイングはシンプルです。ゴルフはいかに同じスイングができるかという再現性が命です。
ドアスイングは再現性という点では他のスイングよりも抜きんでていると思います。体重移動やらあれこれ考えずに済むので、
トラブルが起きた際も原因究明は簡単です。

ドアスイングのやり方

腕は常に体の正面にあるという点では、V字スイングにも通ずるところがあるかもしれません。

地面を均す「トンボ」のようなT字型の棒をもち、地面を鳴らす面を胸につけてグリップします。そのまま上半身を捩じります。同時に下半身も腰から後方に捩じります。辛ければ腰を引いても問題ありません。

その状態では胸の高さ以上にクラブを上げることはできないので、そこから腕を少し曲げてトップの完成です。

ダウンスイングも下半身のリード等は考えず、一枚の板のようにパタンとドアを閉めてください。

丁度、背骨に蝶番があるようなイメージでしょうか。

このドアスイングのイメージは、飛ばすのには不向きですが短距離のアプローチ等で距離感を出すときには非常に役立ちます。

変に体重移動等が絡むと、距離のばらつきが大きくなりますので、同じふり幅でクラブの当たり所だけを意識して、フォロースルーはあまり意識せず、インパクトからフォローはクラブの惰性で抜けていくようにしてください。



動画引用元:ドアスイングの何がいけないのか?

飛ばしのヒントは、縄跳び?高速道路?にある!?体の使い方が分かれば、まだまだ飛ばせる。今まで使い方が間違っていただけ。アジアレコード405ヤードを飛ばすドラコンプロ 物理と独自の運動理論で飛ばす弥永プロの飛ばしのメソッド