初心者必須!ゴルフクラブの握り方・グリップ位置のポイント

いざゴルフを始めたいと思っても、クラブの握り方さえ分からない!という方も多いのではないでしょうか。
そんな初心者のために、ここでは正しいゴルフクラブの握り方を解説していきます。

 

 

 

グリップの位置のポイント

グリップは、短く持つことが重要となります。
ギチギチに握ってしまうと、クラブコントロールがしづらくなるということを覚えておきましょう。
とくに、初心者の方は初めのうちから直しておかないと、後々になってからではなかなか直すことができなくなってしまいます。

 

 

また、グリップを強く握ってしまうという癖をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
細いグリップを指で握るためには、どうしたらよいでしょうか。
この時ポイントとなってくるのは、左手です。
強く握りこもうとすると、が見えなくなってしまうので注意しましょう。

 

 

 

右手のグリップのポイント

右手のグリップの持ち方は、左手を上から包むようにして握ります。
この時、特徴的なのが小指の位置です。
左人差し指中指のあいだに、右の小指を乗せるようにしましょう。
この握り方を、「オーバーラッピング」といいます。

 

 

また、「インターロッキング」は、右の小指左人差し指を絡めて握るといった握り方です。
さらには、「テンフィンガー」といって、両手の指10本で握るという握り方もあります。

 

 

ゴルフの基本としては、まずは「オーバーラッピング」を覚えましょう。
特徴的なのが、右手人差し指親指の関係性です。
どうしても親指の方が伸びてしまう方が多いのですが、なるべく親指と人差し指の長さが同じになるように、親指が突出しないように少し引っ込める形で握ると良いでしょう。
そうすると、人差し指がに出る形になり「トリガーグリップ」と呼ばれるピストルの引き金を引くような形になります。

 

 

ここまで、ゴルフの基本となる正しいゴルフクラブの握り方についてご紹介しました。
握り方ひとつでも、覚えることはたくさんありますが、初心者のうちに正しい握り方をマスターしておきましょう!



動画引用元:“初心者のための” 正しいゴルフクラブの握り方【初心者レッスン①】

ライター名:堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。