飛距離を伸ばす アームローテーションのポイント

ゴルフをするにあたって、とても大切な動きのひとつであるともいわれているアームローテーション。
今回は、正しいアームローテーションについてご紹介します。
飛距離が伸びないと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

正しいアームローテーションについて

アームローテーションとは、スイング時に起こる「フェースターン」と「リストターン」を同調させたスイングのことです。

スイングにおいて、アームローテーションは必要不可欠です。
アームローテーション中は、左腕は伸びた状態になっていますが、実はこのとき右ヒジも回旋していなければなりません
右ヒジがアームローテーションしないと、右ヒジが外を向いてしまい、シャフトがクロスしてしまいます。
右ヒジもしっかりローテーションしていると、自然とヒジも締まるのです。

しかし、ローテーションなしでヒンジコックだけ行うと、右ヒジが開いてしまいます(脇が空いてしまう)。
そうならないためにも、右ヒジもしっかりローテーションしましょう。
ヒジが曲がっているとわかりにくいという方は、最初はヒジを伸ばした状態から手のひらが上を向くようにローテーションをして、感覚を掴んでみてください。

スイングするときは、

・右ヒジを90度以上曲げない
・両腕がアームローテーションしている

上記を意識しましょう。

アームローテーションが使えるようになると正しく腕を使えるようになると、

・スライスの軽減
・ヘッドスピードの上昇
・飛距離の劇的アップ
・ドローボールが打てる
・アイアンショットもボールがつかまるようになる

 

など、たくさんのメリットがあります。

正しいアームローテーションを身につけることができれば、今よりももっと飛距離を伸ばすことができるはずですよ。

下記に参考になる動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:テークバックは右肘が大事!正しいローテーションで脇を締めて飛ばすスイングとは?【中井学】【レッスン】

 

【参考URL】
ゴルフ|アームローテーションの正しい動かし方とは?

ローテーションについて

 

ライター名:堀内み