理想のアプローチへ 打球の高さを打ちわける3つの練習

距離高さを計算して、ボールを打ち分けることができれば理想的なアプローチショットが打てるようになることでしょう。
難しく考えずに、簡単に打球の打ち分け方法を試してみませんか。

 

練習方法

  • ランニングアプローチ
  • ピッチエンドラン
  • ロングショット

 

の3つの打ち方で打球の高さを打ち分けます。

 

ランニングアプローチで打つと、パークでは転がしになります。
インパクトの時は右足かかとを上げます。
そして、体重をしっかりに移動させましょう。

 

ライナーは、インパクトの瞬間に右足のかかとがきちんと地面ついた状態にします。
そうすると、1メートルほどの高さのライナーショットが打てるようになりますよ。
インパクトした後は、クラブの重さに習ってフォロースルーをします。

さらに高い弾道のライナーでは、打った後もかかとを上げることはありません。
シャフト地面に対して垂直に構えて、ボールは左寄りに置きましょう。
インパクトの後も、かかとを上げずに踏ん張ることが大切です。
高いボールを上げるとき、ボールは前には飛ばなくなるため、大きくスイングしなければなりません。
また、右足に体重がかかり、ボールもへとそれやすくなるため、テクニックのある上級者向けの練習と言えるでしょう。

 

また、目線も重要です。
高い軌道であれば低い軌道であればに目線を移動させます。
目線を変えるだけでも、ナイスショットの確率が断然上がりますので、意識してみるようにしてくださいね。

こちらの動画でくわしく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 



動画引用元:打球の高さを打ち分ける【パークゴルフテクニック】

 

 

ポイント

風が吹いていないときは、スイングは変えずに、体重の乗せ方上半身の使い方を変えて高低を打ち分けましょう。
低いボールを打つことができれば、風の強いホールや左右が狭く絶対に曲げたくないホールである場合にも、精度の高いボールが打てることでしょう。

 

ご紹介した内容を参考に、練習してみてくださいね。

 

【参考URL】
シンプルに距離と高さを打ち分けるアプローチ!
ドライバーで低い弾道を打つ時の3つのポイント

ライター名:堀内み