初心者必見! シュートフォームを固めるための練習方法

打つたびにシュートフォームが違う、シュートが安定しないという人は、まずシュートフォームを固めるところから始めてみませんか?
今回は、シュートフォームを固めるための練習方法をご紹介します。

 

 

 

どんな流れで行っていくのか

シュート形作りは、次の4つの流れで行っていきます。

 

  1. フォロースルーまでのフォーム作り
  2. (下半身)の動き作り
  3. 動きながらのシュート練習
  4. 試合形式のシュート練習

 

最初は止まった状態でシュートフォームを確認し、だんだん動きをつけていきます。
基本の動きを確認しながら丁寧に行うことで、安定したシュートを目指しましょう。
今回は、2番目の足の動き作りまでの練習方法をご紹介します。

 

 

 

方法とポイント

  1. フォロースルーまでのフォーム作り
    止まった状態でシュートを打ちます。
    1本ずつ確認しながら、フォロースルーまで行います。
    シュートを打った後の指先は、バスケットリングに向いているのが正しいです。
    遠くからのシュートはフォームが崩れやすいので、最初はゴール下辺りから打っていき、2本シュートが決まったら、1歩下がるというのを繰り返します。
    最終的に3ポイントラインまで下がります。
    このとき、できるだけスウィッシュシュート(リングに当たらないシュート)を目指しましょう。
    また、この段階で速さは必要なく、一つ一つ確認しながらゆっくりと打っていきます。
    ゴールとの距離が遠くなって来たら、ジャンプシュートになっても問題ありませんし、3Pが届かない人は、フリースローラインまででもよいです。
    シュートフォームが崩れない距離まで下がりましょう。
    距離よりもフォームを確認することが大切です。
    膝を上手に使うことを意識してくださいね。
  2. 足(下半身)の動き作り
    次のステップです。下半身上半身連動を意識しましょう。
    懐を作るように、まずは1歩足を引き、パスを受けてから引いた足をミートしてシュートを打ちます。
    2本シュートインしたら逆足です。
    続いて、その場でステップを踏みミートしてシュートします。
    2本インしたら、逆足でステップを踏み、ミートします。
    最後に走りながらボールにミートします。
    2本インしたら逆足です。
    0度(左右)、45度(左右)、正面の五か所で行いましょう。

 

今回は、シュートフォームを固めるための、練習方法をご紹介しました。
シュートが安定しない選手はぜひ試してみてくださいね。

動画引用元:バスケのシュートフォームを徹底解説 | 最適な練習方法

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。