安定したワンハンドシュートを習得するポイントとは?

バスケットボールでは、どんなに上手なドリブルができても、タイミングよくパスが回ってきても、シュートが入らないと試合勝つことができません。
今回は、確率の高いワンハンドシュートを打つためのポイントをご紹介します。

 

 

 

理想のワンハンドシュートとは?

確率の高いワンハンドシュートを目指して、日々練習している人も多いかと思いますが、シュートの確率を上げるために、何を意識すればよいのでしょうか?
今回は、高い打点(おでこ前)で打つワンハンドシュートのフォームについて、ご説明します。

 

 

打点の高いワンハンドシュートは「2モーションシュート」と言われており、

 

  1. おでこの位置でフォームを組んで
  2. ボールを打つ

 

といった、シュートを2つのモーションに分けて考えます。

 

 

1で作るフォームのことを「シュートテーブル」と言います。
シュートテーブルを安定して作れるようになれば、シュートが安定し、しっかりとリングを狙えるようになるでしょう。
逆にシュートテーブルが上下左右にグラつけば、シュートの確率は下がってしまいます。
ブレないように、にボールを飛ばすよう意識します。
自分の中でラインを作って、リングに対して真っ直ぐ届けていくテーブル作りを目指しましょう。

 

 

 

リズムが大切

2モーションシュートの説明をしましたが、シュートにはリズムが大切です。
実際にやってみるとわかりますが、シュートを打つときに、シュートテーブルを組む動作とボールを投げる動作の2分割にすると、とても打ちづらいのです。
普段のリズムの中からシュートテーブルを意識して、安定させるような練習をしてみましょう。

 

 

 

ワンモーションシュートでもOK

2モーションシュートでは、ある程度の体幹腕力の強さも必要になってきます。
まだ筋力の弱い選手は、から一直線にリングに付きだすようなワンモーションシュートでも問題ありません。
ワンモーションシュートの場合でも、リズムよくリングに対して真っ直ぐボールをリリースできているかどうかを意識しましょう。

 

 

力よりもリズムで投げることで、飛距離正確性が上がってきますよ。
ご紹介した内容を参考に、ぜひ練習してみてくださいね!



動画引用元:【バスケ初心者講座】ワンハンドシュートを安定させ確率の高いシュートを打つコツ・練習方法について解説【考えるバスケットの会 中川直之】

ライター名
Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。