レイアップシュートの成功率を上げる方法

1対1でせっかくディフェンスを抜いたのに、そのあとのシュートを外してしまうときはありませんか?
今回は、ドライブディフェンスを突破した後のシュート成功率上げるためのポイント方法をご紹介します。

 

 

 

慌てず力まない

1対1において、ドライブでディフェンスを突破できているのに、力みが入ってシュートを外してしまうのは、本当にもったいないです。
速くシュートを打ってしまいたい気持ちは十分に分かりますが、まずは慌てないことが大切です。
慌ててしまうと、身体がスピードに負けて流れてしまいがちになります。
レイアップの際はしっかりとに飛んで、ボール勢いを上に残すようにしましょう。
たとえディフェンスがにいても、身体を使ってブロックをすれば、簡単にはカットされません。
シュート態勢に入っていれば、オフェンス側が有利な状態です。
落ち着いてレイアップのフィニッシュまでもっていけば、レイアップの成功率はきっと上がるはずです。

 

 

 

ジャンプシュートという方法も

レイアップでは、最後片足ジャンプでフィニッシュします。
片足ジャンプは勢いに乗ると、どうしても不安定な状態になってしまう場合があります。
そういう場合は、最後のシュートをレイアップではなく、あえて両足で上に飛びあがってジャンプシュートを行うという方法があります。
両足でジャンプストップすることで、スピードおさえることができるので、シュートが流れず安定します。

 

 

このときに飛ぶのではなく、に飛ぶことを意識しましょう。
勢いに負け、膝が抜けて前につんのめってしまうと、ジャンプストップした意味がありません。
ジャンプストップした際にしっかりと骨盤をたたんでスピードをおさえて、上に飛び上がりゴール下シュートを行えるようにしましょう。

 

 

レイアップシュートのコツと、ジャンプシュートを取るという方法をご紹介しましたが、どちらのシュートを選ぶにせよ、慌てず、前ではなく上にボールを持っていくことが大切になります。
ドライブインだけを意識するのではなく、最後のシュートまで丁寧に行うことを日頃の練習から意識していきたいですね。



動画引用元:[バスケ]レイアップのコツと確実に決めるためのシュート方法について解説【考えるバスケットの会 中川直之】

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。