シュート時の集中力を高めるためのおすすめドリル

シュートを決める上で大切なことの一つに、集中力があります。
今回は、集中力を高めるためのドリルをご紹介します。
質の高いシュートを打つために、ぜひ取り入れて頂きたい練習方法ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

シュート練習前に行うおすすめのドリルとは?

今回ご紹介するドリルは、シュート練習の前に行うドリルです。
シュート練習の際に、大切なことは何だと思いますか?
フォームタイミングなど技術的な面でいろいろ挙がると思いますが、技術の前にまずは「集中力」が大切です。
リングをしっかりと見て狙いを定めて、集中力を高めた状態で1本1本丁寧に打ちこんでいくことで、実のあるシューティング練習に繋がっていきます。
これからご紹介するドリルは、その集中力を高めるために行います。

 

 

 

ドリルの方法

早速、ドリルの方法を説明します。

 

 

フリースロー半分くらいの距離から、リングにボールを真っ直ぐ打ち込んでいきます。
このとき、リングのど真ん中に打っていき、リングにボールを当てないシュートスウィッシュ)を狙うようにしましょう。
ジャンプをせず、足を地面に付けたまま打つようにします。
スウィッシュを狙うためには、距離感に加え、左右のブレの調整も大切です。
シュートを打つ位置(角度)は、正面斜め真横などのゾーンに分けて順番に全て行います。

 

 

 

ドリルの効果

全ての位置からスウィッシュを打ち終えたら、集中力が高まった状態で通常のシュート練習を始めます。
ペアパスを受けながら行うジャンプシュートの練習などから始めましょう。
ドリルを行ったことで、良い軌道で打つことができるようになるはずです。
引き続き通常のシュート練習でも、丁寧に打つように心がけてください。

 

 

シュート練習というと、「シュートが入る・入らない」だけを意識して練習してしまいがちですが、集中力を高めてスウィッシュを狙い、シュートのそのものを上げていく意識で取り組むようにしましょう。
少しの時間でいいので、シュート練習の前にこのドリルを取り入れてみてくださいね。



動画引用元:【バスケ初心者講座】シュート練習前に実践することでシュート率を格段に向上させるシュートドリル・思考法を解説【考えるバスケットの会 中川直之】

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。