毎日やろう! 自宅でできるハンドリング練習

試合中、自由自在ドリブルパスを行うためには、ハンドリング能力を高める必要があります。
今回は、自宅でできるハンドリング能力を向上させる練習方法をご紹介します。
キレのあるプレーをしたい方はチェックしてくださいね。

 

 

 

ハンドリングとは?

バスケットボールのハンドリングとは、パスやシュート、ドリブルなどバスケットボールを扱う能力のことです。
ボールハンドリングの能力が低いと、ボールを持ったときにキレのあるプレーを行えないばかりではなく、プレーを失敗しやすいため、ディフェンスカットされてしまう確率も高くなってしまいます。

 

 

 

ポイント

自宅で行うことのできるハンドリング能力を高めるための練習方法をご紹介します。
全部で3種類の方法をご紹介しますが、全ての練習方法で意識して欲しいことを3点お伝えします。

 

 

1点目は、ボールを出来るだけ見ないことです。
オフェンスをするとき、視線はボールにないことがほとんどです。
ディフェンスチームメイトゴールとの距離など、周りの状況を見ながらオフェンスをしているはずです。
そのため、ボールから視線を外して練習を行うようにしましょう。

 

2点目は、できるだけ速く行うことです。
ゆっくりと行えば、失敗は少ないかもしれませんが、ドリブルやパスをゆっくりとしていれば、ディフェンスに簡単にカットされてしまいます。
試合を意識して、できるだけ速いスピードで行うことが大切です。

 

3点目は、継続して行うことです。
毎日行うことで、能力は向上し定着していきます。
回数は少なくてもいいので、毎日行うようにしましょう。

 

 

 

練習方法

  1. ボディーサークル
    頭、腰、膝のまわりでボールを回す練習です。
    遠心力を最大限使って、できるだけ止めずに行いましょう。
    得意な方向と苦手な方向があるはずなので、苦手な方向を多めに行います。
    ただし、膝や腰が痛い人は、膝のまわりは無理に行う必要はありません。
  2. フィギュアエイト
    肩幅よりも広く足を開き、腰を落として股の下八の字に通します。
    逆回しも行いましょう。
  3. 足上げ交差
    交互に足を上げて、上げた方の足の下を通します。
    この練習は速くおこなうと足音がうるさくなってしまうため、家でおこなう場合は速さを意識する必要はありません。

 

 

継続は力なりです。
難しい練習ではないので、毎日行うようにしましょう。



動画引用元:[家で上達]シュート、ハンドリング、ディフェンスも!体育館が使えなくても上手くなれる練習まとめ動画!バスケ練習法!

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。