1対1 ディフェンスを抜くフロントチェンジのポイント

プレー中、ディフェンスとの1対1をする場面では、ドリブルを上手く使う必要がありますよね。
今回は、切り返しの基本であるフロントチェンジをご紹介します。
ディフェンスを抜くためのポイントをチェックしてみましょう!

 

 

 

ドリブルでディフェンスを抜くとは?

どのような状態になれば、ドリブルでディフェンスを抜いたことになるのでしょうか?
考え方はいくつかありますが、ここでは「ディフェンスの肩と自分の肩が並んだ瞬間」がディフェンスを抜いたときであると考えます。
もしこの状態でディフェンスがオフェンスを押すと、オフェンス側ファウルになるからです。

 

 

 

切り返しの基本!フロントチェンジ

フロントチェンジとは、自分のでドリブルを付き、ドリブルの方向を切り替える技です。
ポイントは足の使い方です。
ドリブル自体は、自分の正面でボールをバウンドさせるだけなので比較的簡単です。
しかし、自分の前で切り返すということは、ディフェンスにとっても目の前にボールがあるということなので、ディフェンスにカットされやすいのです。
そのために、を上手く使う必要があります。

 

 

まずは、チェンジをする方向の足を引いてスペースを作ります。
左から右にチェンジする場合は、右足を引きます。
足を引くことにより、自分に近い場所にスペースができ、ボールの位置がディフェンスから少し遠ざかります。
そして、空いたスペースにボールをつき、逆の手でドリブルを開始すると同時に、チェンジした側の足をディフェンスの足の横に入れます。
左から右にチェンジする場合は、自分の左足をディフェンスの左足の外側に入れます。
こうすることで、自分の肩とディフェンスの肩が並び、ディフェンスを抜いた状態になります。

 

 

実際にやってみるとわかりますが、自分の身体を使って、ボールをディフェンスから守っていることがわかります。

 

 

ドリブルは手で行う」と思いがちです。
しかし、1対1では、手でボールをコントロールするというよりも、身体を上手く使ってディフェンスを抜いていく、というイメージの方が近いです。
フロントチェンジをはじめとするドリブル技は、身体に覚えさせないと試合では使えません。
反射的にドリブル技を使えるように、練習していきましょう!



動画引用元:12種のドリブル技!一対一で使えるドリブルレパートリー!相手を抜くための基礎!バスケ練習方法!

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。