ディフェンスをするときに見る場所はここだった!?

フェイントに惑わされないディフェンスをするために、どのような対策をしていますか?
まず、気を付けるところは目線です。
見る場所によっては、フェイントに惑わされやすくなってしまうのです。
今回は、ディフェンス中の目線を解説します。

 

 

 

ディフェンスの方法は人それぞれ!

ディフェンスをするとき、オフェンスのどこを見ていますか?
おそらく、答えは人によって様々だと思います。
そして、100%正しい答えは存在しません
コーチ監督などの指導者に教わった人や、自分の経験を通して得た人……どのように身に付けたかは関係なく、自分の納得した方法でディフェンスをしていれば、それがその人にとっての正しいディフェンスでしょう。

 

 

しかし、指導者の教えに疑問に思っている人、上手くディフェンスできない人、ディフェンスを改善したい人は、これから説明することをぜひ参考にしていただければと思います。
ここでは、「ディフェンスするときにどこを見るか」という問いに対する答えをご紹介します。

 

 

 

オフェンスのどこを見るか?

オフェンスはディフェンスを抜くために、フェイントをかけて、ディフェンスのタイミングをずらそうとします。
そのため、ディフェンスはオフェンスのフェイントに惑わされることなく、オフェンスに付いていかなくてはなりません。

 

 

では、ディフェンスをするときによく見る代表的部位について、それぞれ解説していきます。

 

 

まずはオフェンスのです。
顔はフェイクをかけやすい部位です。
そのため、ディフェンスはの動きにいちいち反応しないといけません。

 

 

次はボールです。ボールも顔と同様にフェイクをかけやすいです。
上下左右簡単にボールを動かすことができますよね。

 

 

続いての辺りです。
顔やボールと比べると、動きの少ない部位ではありますが、上半身のフェイントが加わると、やはり惑わされやすいと思われます。

 

 

上半身の胸がダメなら、下半身の足はどうでしょうか?
確かに、足が動かないと動く方向は決まりませんが、下半身のフェイクをかけられてしまうと、ついていけなくなるでしょう。

 

 

それでは、オフェンスがフェイントをするときに、あまり動かないところはどこでしょうか?
それは、腰・腹部の辺りです。
ディフェンスをするときに見る場所は腰・腹部を推奨します。
腰はフェイントでは動かしにくく、オフェンス側から考えても、腰を動かすフェイクは難易度が高いためです。

 

 

 

ポイントと注意点

腰の動きを見てディフェンスをすれば、フェイクには引っかかりにくいですが、ボール動きが見えないので、シュートパスに対してチェックに行けないというデメリットもあります。
このデメリットを回避するためには、腰の動きだけを見るのではなく、腰の動きを中心ボヤっと相手を見るという見方をします。
そうすれば、簡単にフェイクに惑わされることなく、ボールの動きも把握することができます。
まさに、いいとこ取りですよね。

 

 

今回ご紹介した方法は、あくまでも数あるディフェンスの中の一つです。
まずは練習で試してみてください。
試してみて、この方法が自分に合わないなと思ったら、続けなくてもOK!
上手くいって納得したら、さらに練習して、実戦で使ってみてくださいね。



動画引用元:DFする時相手のどこをみる?ここを見るのがオススメ!オススメの理由とは!?バスケ練習方法!初心者でも上手くなる!

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。