まずは基礎を身に付ける!ドリブルの基礎ドリルとは?

1対1シュートボール運び、全てのシーンで必要なドリブル
様々なドリブルのテクニックを身に付ければ、試合で活躍できる機会が増えますよ。
今回はテクニックを身に付ける前段階、ドリブルの基礎を定着させるためのドリルをご紹介します。

 

 

 

ドリブル

ドリブルのスキルが上達すると、試合で活躍する機会を増やすことに繋がります。
トリッキーなドリブルができたり、相手を揺さぶるドリブルができたりします。
今回ご紹介するのは、そのようなドリブルを練習する前段階の練習方法です。
主に、初心者向けのドリブルの基本的なドリルです。
まずは基礎的なドリブルができていないと、トリッキーなドリブルをしてもミスをしてしまう可能性が高いですし、自分のドリブルミスでディフェンスカットされてしまうかもしれません。
基本的なドリブルを身体に定着させてから、ステップアップしたテクニックを身に付けていかなければなりません。
ドリブルの基礎が未熟自信がない、という方はぜひやってみてくださいね。
また、バスケットボールの経験がまだ浅い、ミニバスケットボールのチームなどでの練習に取り入れてみるのもおすすめですよ。

 

 

 

ドリブルの基礎を作るドリル!

さっそく練習方法を説明します。

 

  1. 姿勢
    肩幅より少し広く足を開きます。
    そして、スクワットをするようなイメージで、を少し曲げます。
    これが基本姿勢です。
  2. ノーマルドリブル
    真横よりも少しの位置でドリブルをします。
    高さは腰からお腹くらいの高さで、左右20回ずつ行います。
    注意点は2点。
    1点目はドリブルを見ず、を向いて行うようにしましょう。
    これは、これから行う種目全てに言えることです。
    2点目は、しっかりとボールを押し出して、そして引いてドリブルすることを意識しましょう。
    押し出すだけで引く動作がないと、相手にすぐ取られてしまうドリブルになってしまいます。
  3. 前後のドリブル
    次は、片手で前後のドリブルを行います。
    足はに開くのではなく、前後に開きます。
    右手でドリブルを行う場合は、左足前右足後ろで足を開き、左手でドリブルを行う場合はそのです。
    ドリブルの高さは腰からお腹くらいの高さで、左右20回ずつ行います。
    前と後ろにできるだけ幅を持たせてドリブルするように意識しましょう。
  4. 左右のドリブル
    身体ので、片手で左右にドリブルを行います。
    ドリブルの高さは腰からお腹の高さが目安ですが、多少高くてもいいので、こちらもできるだけ左右に幅をもたせてドリブルするよう意識します。
    左右20回ずつ行いましょう。
  5. フロントチェンジ
    これは両手を使って行います。
    身体ので、左右に連続して切り返しましょう。
    片手での前後左右のドリブルと同様に、ドリブルの高さは低くなくていいので、幅を出して行うことを意識しましょう。
    回数は20回です。

 

 

 

基本は大切

今回ご紹介した練習方法は地味で、あまり面白くない練習かもしれません。
しかし、20回ずつ全てのメニューを行っても、5分以内で終えることができるでしょう。毎日5分行うだけで、ドリブルの基礎の上達につながりますよ。
基礎がしっかりとできるようになれば、よりレベルの高いドリブルテクニックを身に付けていくことができますよ。
ドリブルを上達したい方、試合中ドリブルのミスが多いと感じている方、バスケットボール初心者の方、ぜひこのドリルをやってみてはいかがでしょうか?
一人で行うことができるので、手軽に練習できますよ。



動画引用元:[ミニバス]グングン上手くなる!!正しい基礎ドリブル練習まとめ!バスケ練習方法!初心者でも上手くなる!

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。