4STEPの練習法でバックチェンジをマスターしよう

自分の背面で行うバックチェンジ
直接見ることができないので、難しいイメージがありますが、ポイントを押さえれば実は簡単なテクニックです。
バックチェンジをマスターするための、4つの段階に分けた練習法をご紹介します。

 

 

 

 

バックチェンジとは?

バックチェンジとは、ドリブルテクニックの一つで、自分の背面でボールをバウンドさせて方向転換するテクニックのことです。
バックチェンジのいいところは大きく2点あります。

1点目は、ディフェンスが近距離にいても、バックチェンジならカットされにくい点です。
ディフェンスの目の前で行うフロントチェンジはカットされやすいですよね。

2点目モーション(動き)が小さいという点です。
ディフェンスからカットされにくいという点では、レッグスルーやロールターンというドリブルテクニックも当てはまります。
しかし、レッグスルーロールターンモーションが大きいです。
一方バックチェンジは、背面でボールをバウンドさせるだけなので、モーションを小さく収めることができます。

モーションも小さくディフェンスから遠い位置チェンジできるので、1on1ボール運びの時に有効です。

 

 

 

 

バックチェンジをマスターするための4STEP

バックチェンジの練習法をご紹介します。
各ステップができるようになってから、次のステップに進んでくださいね。

 

STEP1フロントチェンジができているか?

バックチェンジはフロントチェンジの背面版です。
まずは、フロントチェンジをする際に、ボールを安定して真ん中に突ける(バウンドできる)ようになりましょう。
バックチェンジは直接手元を見ることができないので、調整が難しいです。
真ん中に突けないと、失敗しやすいですよ。

 

STEP2腕はそのままで身体を前へ

背面でバウンドができるようになったら、姿勢を整えます。
腕はそのままで身体を前にするのですが、身体を反らないように注意しましょう。
正しい姿勢は、お尻を落として膝を少し曲げた状態です。
お尻の下にボールが通るイメージで行います。

 

STEP31回後ろを通す

1回後ろを通します。
左右両方行います。

 

STEP4連続でやってみる

連続してバウンドさせます。
ドリブルは強い方が失敗しにくいです。

 

 

一見難しそうなバックチェンジ
実はシンプルでそんなに難しくありません。
試合で有効なテクニックなので、ぜひマスターしてください。



動画引用元:実は簡単!?バックチェンジをマスターしよう!簡単4ステップ!バスケ練習方法!初心者でも上手くなる!

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。