パスを上達させるための2on2練習

バスケットボールにおいて、ボールを移動させるための手段はパスドリブルしかありません。
上手に攻めるためには、どちらの技術も磨く必要があります。
今回は、パスを上達させるための練習法をご紹介します。

 

 

 

バスケットボールにおけるパス

パスで重要なことは「ディフェンスにボールをカットされることなく、ボールを味方に通すこと」です。
そのためには、パスを出す人(パサー)とパスを受ける人(レシーバー)の両方がそれぞれ技術を磨く必要があります。
今回は、両方の技術を上達させることのできる練習法をご紹介します。

 

 

 

パスを上達させるための2on2

この練習は、オフェンス2人ディフェンス2人の2対2の形で行います。
ルールは以下の3点です。

 

  1. コート全体を使うのではなく、動ける範囲を限定する。
  2. 最初の3回のパスはドリブルを使ってはいけない。
  3. 3回のパスを回せたら、ゴールに向かって攻撃を行う。

 

 

 

ポイント

最初の3回はドリブルを行わないルールなので、ディフェンスは、それぞれのマークマンにべったりと付くはずです。
そのため、パサーはピボットを上手く使いながら、どんなパスを出せばいいか考える必要があります。
パスを出す方向は、左右上上正面左右真横左右下の7方向ありますし、真っ直ぐなパス、バウンドさせるパスの2種類を使い分けることができます。
フェイントを使いながら、自分のディフェンスを交わす必要がありますね。
一方レシーバーは、ディフェンスからフリーになり、パサーからパスをもらいやすい位置に動くことが必要です。
フェイントを使って、ディフェンスとのタイミングをずらす、一度ゴール方面に下がって上に上がってみるなど、様々な動きを試すことが必要です。
そして、パサーとのタイミングを計ります。
やってみるとわかりますが、パサーもレシーバーも、自分のディフェンスと味方という2人のタイミングを考える必要があるので、意外と難しいです。
しかし、この練習を行えば、自然と自分の弱点も分かり、技術も上達してくるはずです。
パス技術を上達させたいチームは、ぜひこの練習法を取り入れてみてくださいね。



動画引用元:パスがうまくなる2on2練習【バスケ指導】

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。