打撃練習 山田哲人選手が実践する「ヘッドの重みを感じる」バッティングとは

今回ご紹介する動画は、【山田哲人選手のスイング】についてです。
今回はロングティーから見られる、スイングの特徴についてご紹介します。
まずは山田哲人選手のロングティーの動画をご覧ください。

動画引用元:快音連発!ずっと見ていられる山田哲人のロングティー【松山合同自主トレ】

 

次に、山田哲人選手のスイングを解説します。

 

 

 

真似したい、山田哲人選手のスイング

 

  1. バットを立てた状態から、スイング動作に移る時にバットを寝かせる
    山田選手は、手の背屈動作が上手に出来ている為、レベルスイングになりやすいです。
    これはヘッドの重みを感じてスイングができている証拠ですね。
  2. 実際打席に立って打つ時は、バットを寝かせる動作を行わなくても、ヘッドの重みを上手く使い、バットをしならせて打つ
    かなり高等技術な為、まずは①を取り入れてみてください。

 

 

以上2点が山田哲人選手のスイングの特徴です。
①の応用が②なので、今回はまず①にチャレンジしてみてください。
①だけでも自分のバッティングが劇的に変わります。
筆者も①を実際に試して動画を撮ってみたところ、スイング直前に脱力し、ヘッドを下げてから振った方が、バットが平行な時間が長かったです。
また、なかなか修正が難しい選手は、やり過ぎという程にヘッドを下げて振った方が感覚が掴
みやすいと感じました。
ヘッドの重みを感じる』ことが1番のキーポイントなので、素振りから試してみてくださ
い。
それでは動画をご覧ください。

動画引用元:【プロ野球解説 第三弾】山田哲人選手から見る天才的なヘッドの使い方

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社スポルアップです。 スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。