打撃練習 山田哲人が考える流し打ちの極意

 

意識はそんなにしていないですけど
自然と右方向に打てた

 

という山田哲人選手の話しを聞いて、とても正直な人だなと感じましたし、本当にすごい選手だと改めて感じました。何がすごいのかというと、コースで打ち分けをしているのではなく、基本はフルスイングであること。引っ張りなのか流しなのかはタイミング次第、ということです。

ある程度、外角の打ち方や内角の打ち方を練習していると、自然と内角は引っ張って外角は流して、という打ち方を意識してしまいがちですが、山田選手は基本はフルスイングとのこと。コースに逆らわない、という考えはほぼない感覚ですね。

でも、基本はフルスイングなので右方向にも大きな当たりが打てるのでしょう。筆者の場合、外角にボールが来ると、無意識にヘッドを落として一二塁間かセカンドの頭の上を狙った打ち方になりスイング自体は縮こまる感覚はあります。右中間へ大きな当たりやライトオーバーは全く考えていないです。なので、どんなコースでも基本はフルスイング、というのは筆者にとっては到底できない芸当です。

最近の高校野球を見ていると、逆方向でもホームランを打つ選手が高校レベルでも多く存在しています。その選手の多くが、しっかりスイングしてフルスイングなのです。右方向へ流す、右方向へ引っ張る、など色々言い方があるかもしれませんが、

基本はフルスイング。タイミング次第でたまたま右方向へ打てた。

この考えの方が合ってる選手もいるかもしれないですね。やっぱりバッティングは遠くに飛ぶと楽しいですよね。コース関係なしにフルスイングしたいものです。

では動画を参考ください。



動画引用元:山田哲人・流し打ちの極意