筋トレ 冬トレを効果的に モチベーションを上げるための考え方

今回ご紹介する動画は、「トレーニングを効果的にするメンタルの保ち方」についてです。
冬のトレーニングはとても辛く、大会も遠い為モチベーションが保ちにくいと思います。
トレーニング後の成果イメージできるのか、あるいはなんとなく「キツいな」と思いながらトレーニングをするのか。
メンタル面の違いでトレーニングへの打ち込み方が変わってきます。
そこで今回は、トレーニングに打ち勝つためのメンタルの保ち方についてご紹介します。

 

 

まず、大前提として基本的に野球を好きな人が今もプレーを続けていると思います。
野球(=やりたいことや好きなこと)のなかには、上手くなるための手段として、「嫌いなこと」も含まれています。
例えば、冬のトレーニングもその一つだと思います。
それを、“やりたくないこと”と思わないことが大切です。
ではどのようにトレーニングを捉えれば良いのでしょうか。

 

 

 

トレーニングの捉え方

やりたいことや好きなこと(=野球)の中に含まれているから、本当はやりたいことトレーニング)と認識する

 

 

本当にやりたくないこと我慢を強いられる
やりたいことの中の嫌いなこと辛抱する
この違いをハッキリさせることが大切です。

 

 

【我慢と辛抱の違い】
我慢=主体性がない、やらされているさま
辛抱=今は辛いけれど、先を見据えているさま

 

 

 

トレーニングのモチベーションとは

  • 自分の目的達成するためのモチベーション
  • 競争相手より勝るためのモチベーション

 

 

2つのタイプがあります。

 

 

 

トレーニングにおいて重要なこと

  1. 自分に何が足りないか、自己分析をして課題を見つけ、練習していく
  2. 嘘でも良いから、自分のためになることを信じることが必要
    →繰り返しているといつの間にかできるようになり、成長を実感出来るが、ほとんどの人がやる前にやらずに終わってしまうことが多いです。
  3. 短期間での成長ではなく、長期的な目線で見る
    →できる人と比較して落ち込む必要はなく、続ければ自分もそうなれることを信じて取り組むことが大切です。
  4. 苦悩を覚悟して取り組む
    辛いのは当たり前。
    その辛さを乗り越えた先に待つ明るい未来(試合で活躍する自分)を信じて取り組む

 

 

以上がトレーニングを効果的にするメンタルの保ち方についてです。
大事なのは、トレーニングをした自分が、どういった結果を残したいのかをイメージすることです。
筆者も正直トレーニングと言われると、マイナスなイメージが先行していしまいますが、ライバルの存在が大きくモチベーションアップに繋がりました。
野球はチームスポーツだからこそ、一人でトレーニングを頑張るのではなく、2人や3人と高め合える仲間と取り組むことがおすすめです。
バディー制を取り入れているチームも多いと思います。
あくまでも自主的に、トレーニングを行うことが「伸びる」きっかけになるでしょう。
皆さんも強いメンタルを身につけて、効果的なトレーニングを行ってみてください。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:キツい冬トレを乗り越えろ!困難に打ち勝つメンタル力について

 

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。