打撃練習 冬練習におすすめ ネッティーで苦手を克服するための練習方法

今回ご紹介する動画は、「冬季におすすめの打撃練習」です。
オフシーズンに入ると、室内練習や基礎練習が多くなると思います。
の練習が苦手という選手は多いと思います。
しかし、冬の練習の成果は必ずシーズンが始まると目に見えて返ってくるものだと思います。
今回は、ティーバッティングの練習バリエーションが増えるように、練習方法効果をご紹介したいと思います。
それでは、練習方法を見て行きましょう。

 

 

 

ステップ打ち

やり方

  1. 軸足1本で立つ
  2. ケンケンをしてタイミングを取り、打つ

 

効果

  • 体重移動
  • 軸回転
  • 突っ込み防止

 

 

この練習は、軸足に体重が乗るので自然と体重移動をすることができます。
変化球苦手な選手にもおすすめです。
打者の、やや山なりでトスを出すようにしましょう。

 

 

 

捻り打ち①

やり方

  1. ネットを向け、正面の状態を作る
  2. ネットに向かってボールをミートする

 

効果

  • ボールを引きつけられる
  • 大きなフォロースルーを意識できる
  • 下半身をしっかり使える

 

 

この練習は、ミートポイント後ろになるため、流し打ちアウトコースの強化をすることができます。

 

 

 

捻り打ち②

やり方

  1. ネットにを向け、後ろ向きの状態を作る
  2. ネットに向かってボールをミートする

 

 

捻り打ち①と同様に引きつける練習にも適しています。
また、体の近くでミートをするのでインコースのバットの軌道確認する練習にもなります。
上記2種類の練習方法は、トスを上げる選手は十分に注意してください。

 

 

以上がおすすめの練習方法です。
動画では、更にたくさんの練習方法をご紹介しているので、そちらも参考にしていただければと思います。
冬季練習=つまらない」と思うのではなく、いかに練習メニューを充実させ、工夫できるかが大切だと思います。
そして、自分に足りない部分を補える大事な期間だと思います。
楽しく上達していきたいですね。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:まったく打てない人でも絶対に打てるようになる練習方法!