打撃練習 飛距離をもっと伸ばすために頭を後ろに引き背中を反る

今回紹介する動画は、飛距離をもっと伸ばすためのコツを分かりやすく詳しく解説している動画です。題材にしている選手は福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手です。

飛距離をもっと伸ばすためにやることとしては、

・スイングスピードを上げる
・筋力アップ
・ヘッドの重さを感じるバットに変える

など、様々ありますが、上記に出した練習や最適なバットに変えることもとても重要です。やるかやらないか、で言うと確実にやった方が良いと思います。今回紹介する方法は、どちらかというと、身体の使い方のテクニックで飛距離を伸ばす方法です。少し上級者向けになると思います。

 

今までの概念を少し覆しますが、足を踏み出した時に、少し上半身を突っ込ませます。つまり、頭が今までより少しだけピッチャー側に入っているイメージでトップを作る感覚です。そして、スイングの時に、頭を後ろに引き戻し、かつ背中は丸めずに、反りながらインパクトまで持って行きます。トップの段階で頭を少し前に出して突っ込んでいる分、慣性力が働きやすくなり、強いスイングを実現させることができます。

筆者も実際にやってみましたが、これはかなりの高等技術だと感じます。まず最初の上半身を少し前に突っ込ませた後にスイングすること(ボールに実際に強く当てること)が難しいと感じました。タイミングを合わせるのが難しい、という感じでしょうか。ただ、トップの位置から、これからスイングする瞬間に、頭の位置を少し後ろに持ってきて、背中を今まで以上に反るイメージでスイングすると、力強さがあるスイングになったのではないかと感じました。動画でもおっしゃってますが、後ろ(右打者の場合は右側)の股関節に頭を乗せるスイングだけでも、十分なパワーを出せる感覚はあります。

筆者は元々、強いスイングを何度か繰り返すと背筋痛になるのですが、このスイングを実践した後、更なる背筋痛になったこともお伝えしておきます。肩甲骨周りや背中全体のストレッチは十分にやった方が良いでしょう。ただ、背中を使ってスイングしている証拠でもあると思います。

ぜひ動画をご覧いただき、一度試してみましょう。

 


 

動画引用元:飛距離を更に出す打ち方とは?