打撃練習 割れを作る最大のポイントは股関節

よりバッティングを向上させるために「割れ(ワレ)を作りなさい」という指導が結構存在していると思いますが、実際、どうすれば割れを作ったスイングになるのか、曖昧の方も多いのでは無いでしょうか。

割れに対する考え方は様々ありますが、筆者的に分かりやすい説明していると感じた動画を紹介します。

割れを作る最大のポイントは「股関節」です。
右打者であれば右側の股関節を後ろ(中とも言う)に入れつつ、左足を前に出します。この時、頭や上半身は前に突っ込むことなく、右側に体重が残っているイメージでいます。



左打者バージョンですが、このポーズが出来ている=割れが作れている、というかたちになります。筆者的な感覚ではありますが、割れのポーズを作った時は、体重がキャッチャー寄りに乗っている、というよりは、後ろに入れた股関節辺りに体重が乗っている感覚があります。足や腰ではなく、股関節の体重が乗っている感覚です。この股関節に溜まったパワーをスイングと同時に解放するイメージでスイングするようにしています。

割れが出来ていると、バットのグリップやヘッドとインパクトまでの距離が長く保てますので、ボールが見極めやすくなる上、助走が長くなる分、飛距離も出ます。

すごく分かりやすい解説ですので、動画をご覧ください。



動画引用元:野球指導〜バッティングにおける割れの動作・打撃練習〜