腰痛防止! 腸腰筋と坐骨結節のストレッチで骨盤の歪み、パフォーマンス低下を防ぐポイント

今回ご紹介する動画は、先週に引き続き腰痛防止の内容です。
前回は、トレーニングについてJTさんに教えていただきましたが、今回はストレッチについてご指導いただきました。
プロ野球選手にも多い腰痛は、パフォーマンスにも影響しやすいので自宅でテレビ見ながらできるストレッチをぜひ皆さんも実践してみてください。
それでは、ストレッチの方法とポイントについて見て行きましょう。

 

 

 

腰痛改善のキーワード

  • 腸腰筋
  • 坐骨結節

 

 

 

腸腰筋ストレッチ

日々の生活の中で腸腰筋は縮みやすい筋肉です。
腸腰筋が縮んだ状態が長いと、”骨盤の歪み”につながることがあるので、ストレッチを行いしっかりと伸ばしていきましょう。

 

 

やり方【初級編】

  1. 片膝を地面につく
  2. 足はやや広めに前に出す
  3. を張る
  4. 手はにそえる

 

 

ポイント

  • 足の付根の部分を伸ばす
  • 腰を入れるのではなく、胸を張るイメージ

 

 

やり方【応用編】

  1. ①〜②は初級編と同様
  2. 後ろ足を手で引っ張る(出来る人は両手を使う)
  3. 胸を張る

 

 

ポイント

  • 骨盤は開かない
  • 正面を向いて胸を張る

このストレッチができない選手は、腰痛が発生しやすいそうなのでぜひやってみてください!

 

 

 

骨盤周りのストレッチ「GOOD MORNING」

このストレッチは、いかに坐骨結節を伸ばせるかが大切です。
坐骨結節が硬くなり、縮んでいると骨盤コントロールがしにくくなってしまいます。
また、骨盤の動きが悪いとパワースポットも機能しなくなるので、パフォーマンスが低下してしまいます。
常にパワースポットをどのように動かすかを意識してストレッチを行うようにしてみてください。

 

 

やり方【初級編】

  1. 肩幅よりやや広めに足を広げて立つ
  2. つま先はやや内側に向ける
  3. 手はに添える
  4. お尻を後ろに下げる

 

 

ポイント

  • パワースポットを入れる
  • 腰を入れるのではなく、胸を張るイメージ
  • ももではなくお尻コリコリ部分を伸ばしたいので、なるべく遠くに遠くに伸ばす
  • つま先は上げるくらい伸ばす

 

 

やり方【応用編】

  1. 肩幅ほどに足を開く
  2. 片足一足前に出し、伸ばした状態にする
  3. 後ろの足は、やや膝を曲げる
  4. お尻を後ろに伸ばす

 

 

ポイント

  • まっすぐ後ろに伸ばす
  • 遠くに遠くに伸ばす

 

 

以上が腰痛防止のためのストレッチです。
このストレッチを実際に行ってみて、骨盤の歪みを感じることができました。
骨盤の歪みは腰痛の原因の一つだと思いますので、日々のケアを疎かにせずストレッチトレーニングを行っていきたいと思います。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:打倒腰痛! 骨盤の歪み、パフォーマンス低下を防ぐ! 腸腰筋と坐骨結節のストレッチ方法

ライター名

ごっちん
ごっちん
You Tube【GTちゃんねる】に出演しています!
小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました!
中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。
大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。
当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!!
群馬県出身です!
ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!

ABOUTこの記事をかいた人

You Tube【GTちゃんねる】に出演しています! 小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました! 中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。 大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。 当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!! 群馬県出身です! ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!