投手練習 上原浩治 プレートと軸足を並行にしてヒップファーストにしやすくする

上原浩治投手がNPBに復活しましたね!
読売ジャイアンツファンにとってはまさに救世主。上原投手が加入したことで、中継ぎ投手陣が一気に厚みを増し、信頼できる投手スタッフ陣になりました。上原投手の力は目に見えない部分(精神的支柱など)も含めて、絶大なものだと思います。

筆者は上原投手の投球フォームが大好きです。
「打てるものなら打ってみろ!」感が強く、躍動感があり、かつリズム感が良く、守備陣も守りやすそうな投手です。投げ終わりのフォロースルーは躍動感ありますが、それまではシンプルでスマートだと筆者は思います。

特に筆者的に注目しているのが、プレートの使い方です。上原投手は、構えた時から、プレートと軸足を平行にして足を置いてます。この状態で足を上げると、グッとセカンド方向に足が自然と内側に入り込み、ヒップがホーム方向へ自然と向きます。結果、ヒップファーストの投球フォームになり、体重移動がスムーズに進む感覚になります。

デビュー当時から上原投手の投球フォームを見てますが、プレートの使い方はデビュー当時から変わらないと思います。

体重移動が苦手な投手でしたら、ぜひ上原投手のプレートの使い方、そして投球フォームを一度試してみると良いでしょう。

では動画を参考にしてみてください。



動画引用元:読売ジャイアンツ 上原浩治 投球フォーム

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催