自宅で弱点克服! 体幹を鍛えて腰痛を防止する プロ野球の元トレーナー直伝のトレーニング方法

今回ご紹介する動画は、自宅でもできる「腰痛防止トレーニング」についてです。
腰痛で悩まれている選手は多いと思います。
私もその一人で、連戦が続いたりトレーニングが続くと腰痛によりいつものパフォーマンスができないことが多々ありました。
そこで今回、プロ野球メジャーリーグトレーナー経験をお持ちのJ.T.こと高橋純一さんに正しいトレーニング方法を教えていただきました。
(詳しくは、動画をご覧ください!)
トレーニング内容はプランクなどシンプルなのですが、正しい姿勢で行うことで効果が大きく異なることを体験することができました。
自宅でもできるので、ぜひ参考にしてみてください。
それでは、トレーニング方法とポイントについて見て行きましょう。

 

 

 

フロントプランク

 

やり方

  1. 横向きになり肘をつく
  2. をひく
  3. 肩甲骨を動かす(10回
  4. その後キープ30秒

 

 

ポイント

  • お尻とももの内側内転筋)をしめ、肩甲骨を広げる(横にスライドするイメージ)
  • 腰を中心に動かすのではなく、常にパワースポットを意識する
  • 腰を反らせないように注意する

 

 

最初、肩甲骨を意識すると腰が反ってしまうことがあるので、保護者指導者の方は腰を支えるなどサポートすることがおすすめです。

 

 

 

サイドプランク

 

やり方

  1. 片肘片膝を地面につける
  2. 上の足90度に曲げ、上げる
  3. を落とし、地面についたら再度上げる

 

 

ポイント

  • 肩・腰・膝は一直線にする
  • 胸を張ってパワースポットを意識する

 

 

このトレーニングをすることで、左右のバランスが違うことを知ることができます。
左右のバランスが違うと、骨盤の歪み身体のバランスの悪さに繋がります。

 

 

腰痛防止パフォーマンスを上げることにおすすめのこの2種類のトレーニングをぜひやってみていただきたいです。
腰痛は、日常生活にも影響が出ることもあるので、正しいトレーニング方法で行っていきたいですね。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:自宅で弱点克服! パフォーマンスを上げるポイントは【パワースポット】! 自宅でレッツトレーニング!

ライター名

ごっちん
ごっちん
You Tube【GTちゃんねる】に出演しています!
小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました!
中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。
大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。
当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!!
群馬県出身です!
ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!

ABOUTこの記事をかいた人

You Tube【GTちゃんねる】に出演しています! 小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました! 中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。 大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。 当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!! 群馬県出身です! ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!