外野守備練習 外野手は必須能力 ボールから目線を切っても捕球反応できるようにする

今回紹介する動画は、外野手のフライ捕球練習の動画になります。とても勉強になる動画ですので、是非ご覧頂ければと思います。

練習の内容は、2人1組で向かい合わせに立ちます。ボールを投げる側の合図で捕球者が後ろを向いてダッシュします。そして、再度投げる側が合図して捕球者が振り向き、ボールをキャッチします。そしてボールを投げる側は左右のどちらかにボール軽く振ってあげます。また捕球者は、出来るだけ最初のダッシュは全力で行うと、本番に近づいた練習になると思います。

筆者もレフトを守っていた時期がありましたが、目線を切って走る、という行動は勇気が必要です。しかし、目線を切って走れるようになると、格段に守備範囲が広がります。更に言うと、左中間や右中間の時の選手同士の交錯、そしてフェンス激突などを防ぐことも出来ます。ボールに夢中だと本当に周りは何も見えないし、正直声もそんなに聞こえないです。

目線を切って捕球できる、という余裕は、フライ捕球の技術を高めるだけではなく、安全性も確保してくれる技術にもなります。

尚、この練習はボールを投げる側のスキルも試されます。合図するタイミング・ボールを投げる箇所の2つについては難しいです。回数を重ねたり、選手の捕球レベルが分かってくると、少しずつ慣れてくると思いますので、続けて練習を行うと良いでしょう。

では動画を参考ください。



動画引用元:外野守備練習!体の反転や目線を切った時の反応をよくする練習