打撃練習 詰まる、泳ぐを解決 タイミングのとり方の種類とコツ

今回ご紹介する動画は「バッティングにおけるタイミングのとり方」についてです。
速球型ピッチャーや、変則フォームピッチャーと対峙する際、打球が詰まったり泳がされてしまうことがあるかと思います。
タイミングの取り方は、上半身で取ったり、下半身で取ったりと人それぞれです。
ですが、どんなタイプの打者でも、タイミングの取り方で共通するポイントが2つあるのでご紹介いたします。

 

 

 

タイミングをとる際のポイント①

タイミングを早くとる
→ピッチャーがを上げたら自分も足を上げる(or 後ろに引く)くらい
早い段階でトップの形を作っておく。

 

 

 

タイミングをとる際のポイント②

ゆっくり足を踏み込む
※①ができていないと②の動作はできないので要注意

 

 

 

踏み込みがはやい場合に生じるデメリット

体の開きも早くなり、バットがから回ってくる為、ゆっくり踏み込む時と比べて詰まりやすい

 

 

以上がタイミングを取る際の2つのポイントです。
タイミングを取るのが遅かったり、急いで踏み込むと、詰まったり、スイングが泳がされてしまいます。
筆者自身も踏み込み動作が早いため、速球に詰まったり、緩急に泳がされてしまう経験が多々ありました。
上記したポイント2つを素振りから意識して取り組み、どんなピッチャー相手にも良い打球を打てるよう練習していきましょう。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:【バッティングの極意】誰でも確実にタイミングが取れるようになる2つのコツ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。