投球練習 工藤公康 上半身を上手く使った正しいボールの投げ方

■課題・要望
・正しいボールの投げ方を学びたい

今回は、現ソフトバンクホークス監督の工藤公康さんが教える、上半身を上手く使った正しいボールの投げ方を紹介します。もちろん、この練習は、全選手がやることをオススメしますが、特にピッチャーにオススメの練習法と言えます。

まずはプロの選手はキャッチボールの「投げ方」についてどう意識しているのか、からスタートです。
西武ライオンズ内海投手「1球1球、大切にフォームを確かめながら」
元横浜DeNA三浦投手「フォームの確認作業。キャッチボールは基本なので1球目から大事にしている」
という回答でした。プロの選手でさえ、いや、プロ選手だからこそ、キャッチボールという練習の大事さを知っており、キャッチボールだからこそ出来る意識付けをやっているのだと思います。

s1

トップの位置

投げ方において最も大事なことは「トップ」の位置。トップの位置が正しくないと、「ケガにつながる」「強いボールが投げられない」「ボールをコントロールできない」とのことです。
さぁここで皆さんに質問です。
【正しいトップの位置って何ですか?】と、質問された場合、皆さんは何と答えますか?正直、難しい質問だと思います。今回はここを解明しましょう。

s2

まず、水平に手を広げます。トップの時は、水平にした肩のラインよりヒジを下げない、ことが重要です。これは分かりやすいですね。実際にやってみると分かりますが、水平にした状態でヒジが下がらないようにトップを作ると、自分が思っているより「高いな」というイメージはないでしょうか?このようなイメージを持たれた方は、早く改善した方が良いでしょう。

s3

トップのとき手の甲はキャッチャー側

次のポイントは、トップのとき手の甲はキャッチャー側を向いていることです。手の平がキャッチャー側を向くと、リリースポイントでは逆向きになってしまい、逆向きから無理にリリースすると、ヒジや肩に負担がかかりケガにつながってしまいます。ケガにつながらないためにも、トップのときの手の平の向きには要注意です。

s4

「の」の字

最後は「の」の字。何を言っているのか分からないですよね。トップの位置、トップの形、上半身の回転が正しければ、腕の動き(軌道)が「の」の字になります。この「の」の字をイメージしてキャッチボールすることが非常に重要です。

s5

実際、キャッチボールするときは、大きめの「の」の字を描くイメージでやると良いようです。「の」の形を大きくゆっくりやってボールを投げること。そして、速いボールを投げるときは「の」を小さくして投げます。
なので、キャッチボールのときは、大きめの「の」をイメージしながら、フォームを確認にして行うことが重要です。これが、上半身を上手く使った正しいボールの投げ方の極意です。ぜひ実践してみてください。

掲載した画像の動画は無くなりましたので、工藤監督の綺麗なキャッチボールの動画をご覧ください。



動画引用元:西武 工藤公康 キャッチボール

 

ライター名

山本慎二郎
山本慎二郎
宮崎県立高鍋高等学校出身
野球歴(主将・捕手・4番)
・少年野球宮崎市大会 優勝3回
・少年野球宮崎県大会 準優勝
・中学野球宮崎市大会 優勝3回
・中学野球宮崎県大会 優勝
・高校野球宮崎県大会 優勝2回
・高校野球九州大会  ベスト8
・全国高等学校野球選手権大会 宮崎予選大会 準優勝

ABOUTこの記事をかいた人

宮崎県立高鍋高等学校出身 野球歴(主将・捕手・4番) ・少年野球宮崎市大会 優勝3回 ・少年野球宮崎県大会 準優勝 ・中学野球宮崎市大会 優勝3回 ・中学野球宮崎県大会 優勝 ・高校野球宮崎県大会 優勝2回 ・高校野球九州大会  ベスト8 ・全国高等学校野球選手権大会 宮崎予選大会 準優勝