守備練習 ”あと1歩” 球際に強くなって守備範囲を広げるための基礎練習

今回ご紹介する動画は、「球際」に強くなるための基礎のゴロ捕球練習についてです。
特に、内野手の選手は球際の練習を行うことで、守備範囲を広げることができます。
初心者の選手にも効果的な練習ですのでぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

準備(動画内0:30~1:21)

  1. 18メートルの距離をとり、横1列3メートル間隔で3つ目印を置く
  2. ゴロを転がす選手の目印も置く

 

 

 

練習方法(動画内1:22~2:11)

  1. 1番手前の目印から常にスタートする
  2. 3つの目印に順番にゴロを転がしてもらい捕球する

 

逆シングルでも行うようにしてください。

 

 

 

ポイント

  • 2つ目の目印までは正面で捕球し、一番遠い目印では球際にゴロを転がしてもらい捕球する
  • 捕球後、すぐに体勢を整えて素速く送球する
  • なるべく正面で捕球する

 

 

 

ゴロを転がすポイント

  • をつくと投げやすくなる
  • 投げたい方向にへそを向ける

 

基礎の練習は、ゴロの転がし方がとても重要になるので、練習の目的に合ったフォローをするように心がけましょう。

 

 

今回の練習は、私が学生時代に室内練習の練習で実際に行っていました。
個人的に守備範囲を広げるための練習の中では、一番シンプルで結果に繋がりやすい練習だと思いました。
低い姿勢のまま捕球し、送球することは全身の筋肉を使うので、筋トレも合わせて行うとさらに効果が高まると思います。
これから梅雨の時期に入り室内練習も多くなるとおもいますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:あと1歩を大切に! 「球際」に強くなって「守備範囲」を広げるための基礎練習

ライター名

ごっちん
ごっちん
You Tube【GTちゃんねる】に出演しています!
小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました!
中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。
大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。
当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!!
群馬県出身です!
ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!

ABOUTこの記事をかいた人

You Tube【GTちゃんねる】に出演しています! 小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました! 中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。 大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。 当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!! 群馬県出身です! ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!