守備練習 自宅でできる 守備範囲を広げる基礎練習

今回ご紹介する動画は、「自宅で簡単にできる、守備の基礎トレーニング」についてです。
この時期が基礎を1から見直し、何度も繰り返し練習できるチャンスです。
この時期にどれだけ真剣に基礎を磨けるかで、春の成長度が変わります。
そこで今回は、守備の基礎トレーニングであるペッパーと、ハンドリング動作を良くするトレーニングについてご紹介します。

 

 

 

トレーニングの目標

守備で安定した捕球姿勢を作れるようになる
→腰が高いと目線も下がらない為、ボールに目がついて行かず、捕球ミスにつながることがある

 

股関節がしっかり曲がり、を深く落とせること、体の軸真っ直ぐになることが大切です。

 

 

 

ペッパートレーニング

【目的】
股関節周りを柔らかくしながら、下半身の筋力を強化する

 

 

【方法】

  1. 二人一組になる
  2. 投げ手は下投げ、捕り手は素手で行う

 

 

 

トレーニング その1

  1. 捕球姿勢を作る
    肩幅より少し広く足を開き、を割る
  2. 脱力して下に落とし、グラブを地面につける
  3. 左右にボールを投げてもらい(つま先の少し先くらい)、両手でキャッチする

 

 

【メリット】
柔軟に股関節を使うことで、実際の守備で微調整が効く

 

 

 

トレーニング その2

範囲を広げ、片手で届くかどうかギリギリの位置に投げてもらう

 

 

【メリット】
球際のゴロに、股関節深く落として対応できるようになる
目線が上がらず、ボールを確認しやすい
→より低く遠い打球に対応出来る

 

 

 

トレーニング その3

前後に踏み込むペッパー
フォースプレーで前に伸びて捕るとき等をイメージして行う

 

前側に投げてもらい、片足を踏み込みながら片手でキャッチする

 

 

 

ハンドリングトレーニング

【方法】

  1. 捕り手はグラブをつける
  2. 捕球姿勢を作る
  3. フォアハンド正面バックハンドの位置に投げてもらい、手を柔軟に使って捕球する
    (グラブを動かしてに出したり、引いて捕球するなど様々なパターンで捕球していく)
  4. 最初は順々に、次のセットはランダムで投げてもらう

 

※投げ手は上投げで、ショートバウンドになるくらいの球を投げる
(自宅で行う場合は、下投げで柔らかいボールでも可)

 

 

以上が自宅でできる守備の基礎トレーニングになります。
当たり前ですが、コツコツやっていくことが大事です。
また、ペッパーは手を抜きやすく、キツいと腰が上がりやすいです。
このトレーニングを続けることで、新しいシーズンでプレーが良くなると信じて、強い気持ちで行いましょう。
筆者の個人的な感想ですが、基本的にはグラブをに出した方が捕球しやすいですし、実際のプレーで投げる動作に繋がりやすいと思います。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:【守備の基礎トレ】自宅で簡単にできる!下半身強化メニュー

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。