打撃練習 テニスラケットを使って面を意識したスイングに

筆者は、監督やOBの方からこのようなことをよく言われてました。

「お前は面でボールをとらえてない。点でボールをとらえている。当たれば大きいかもしれないが、率は下がるだろう」

と。この課題については筆者自身も気付いてました。ボールをとらえることが出来る距離が短いというか、打てるポイントが少ないというか、、、そんな感覚を持ってました。ただ、好きなコースに来たら、ストレートだろうと、カーブだろうと、どんなボールであろうと打ちに行って、しっかりと点でとらえて打つ自信はありました。

課題が分かっていても、どんな風な練習すれば改善されるのか分からなかったので、結局そのまま現役を終えましたが、今なら、今回紹介する動画のような練習をするだろうと思います。

テニスラケットを持って、椅子に座りながら、センター方向へ真っ直ぐ打ち返す練習になります。

実際にやってみて分かりましたが、筆者はインパクトの瞬間に、手首を捻る癖があるようで、面を意識せずに普通に打ってしまうと、面が少し下を向いてしまいライナー性の打球を打てなかったです。面を意識して打てば、もちろん真っ直ぐ打ち返すことは出来ますが、何処となく違和感があるスイングになることに気付きました。

しかし、後者の方が面が広がる、良いスイングなんだとは思います。

身体が前に突っ込みがち、こねるようなバッティングをしてしまう選手に対しては、有効な練習であると思います。ぜひ動画を参考に試してみてください。

 

 

 

 

 

動画引用元:小学生 基礎から学ぶ野球トレーニング 【第3回】バッティング 2.テニスラケットで面をとらえる