打撃練習 高木豊が教えるフライボール革命バッティング

今回紹介する動画は、アテネオリンピック日本代表や横浜DeNAベイスターズでコーチ経験のある「高木豊」氏が教えるフライボール革命のバッティング論です。とても分りやすい解説なので勉強になりました。

ボールを遠くに飛ばすためには、ボールにスピンをかけて回転数を多くした方が、ボールが伸びてよく飛ぶと思ってましたが、スピンの量が多くなればなるほどボールは飛ばないようです。なのでボールにスピンをかける、というイメージではなく、バットにボールを乗せる打ち方をする、というイメージの方がフライボール革命では重要になると感じました。

特にダウンスイングでは、スピンがかかりやすくなり、スイング自体も小さく、かつ肩も開きやすくなる、とのことです。このようなスイングをしている選手であれば、意識的にフライボール革命のスイングや考え方を取り入れるのもありだと思います。

ではどうすればフライボール革命のバッティングができるのか。

まずボールの下3分の1を狙うことが重要です。ボールの下半分ではなく、3分の1しかない部分を狙うことです。思っているより相当下ですね。

そして、この教えが高木氏ならではだと思いますが「アンダースローのような腰の使い方でスイングする」ということです。トップの時に右打者なら右腰(右側の股関節)あたりにパワーを溜めておいて、跳ね上げるようにスイングするイメージです。

手で細工するような打ち方ではなく腰の回し方・角度を使って打つ

と高木氏がおっしゃってますが、この言葉はとても大事だと感じました。どんなバッティング論にも共通して言えることだと思いますが、やはり基本は身体全体を使って打つことが大事だと思います。

では動画を参考ください。



動画引用元:【高木仕込み】元日本代表コーチが教えるバッティング術‼︎【野球部必見】