打撃練習 スイングスピードを上げる4つの練習

スイングスピードをもっと上げたい、と思っている選手は多いのではないでしょうか。

そもそもスイングスピードが上がるとどんなメリットがあるのか。

一番はスイングスピードが速ければ速いほど「打球がよく飛ぶ」というメリットがあるから、だと思います。みなさんもこのメリットのために、スイングスピードをもっと上げたいと思っているでしょう。ただ、筆者が考えるスイングスピードが上がった時に得られる大きなメリットは「ボールを長く見れる」ことです。スイングスピードが速い分、振り出しが少し遅くなっても振り遅れの空振りは減ります。少しでも長くボールを見ることができると、空振りが減りますし、しっかりと真芯にミートする率も上がります。

スイングスピードが速くなると、打球がよく飛ぶようになるだけではなく、ボールを長く見れるようになるので、やはりスイングスピードは少しでも速くなった方が打者有利に働くのは間違いないです。

今回紹介する動画は、スイングスピードを上げるための4つの練習です。

・片足キープ
・軸足ジャンプ
・ステップスイング
・ステップスイング(速度アップ)

の4つ動画では紹介してます。

練習内容を見て分かる通り、スイングスピードを上げるためには「体重移動」が大事であることが分かります。広背筋、大胸筋、下半身の筋肉を強化してスイングスピードを上げることも大事ですが、フィジカルだけに頼らずテクニックでスピードを上げることが大事でしょう。

筆者も何度も行ったことありますが、ステップしながら素振り(ステップスイング)は、体重移動が覚えやすい感覚が筆者はありました。なので、何度も何度も繰り返し、この方法で素振りをした記憶があります。また、ただステップしてスイングするのではなく、振る直前に、一瞬軸足に体重を乗っけてからスイングすると、スムーズな振り出しになるような感覚になります。

ぜひ動画を参考にやってみてください。

 

 

 

 

 

動画引用元:バッティングの「スイングスピード」を上げる練習1