打撃練習 体幹を使ってスイングスピードをアップさせる

今回紹介する動画は、ゴルフの素振り用のシャフトを使って、スイングスピードをアップさせる練習の動画になります。とても分かりやすいので、ぜひ動画をご覧ください。

ゴルフ用のシャフトはバットよりも軽く、スイング音(「ブンという音」)も出やすいため、音が聞き取れやすいので、スイングスピードをアップさせるためのコツを掴むためには良い道具です。

スイングスピードをアップさせるためのコツは、

・割れの姿勢をしっかり作ること
・体幹を使ってスイングすること

の2点になります。

割れに関しては、右打者の場合は、左足とバットを握っているところが引っ張り合うイメージで割れを意識すると良いでしょう。「割れが出来ているのか?」と疑問な場合は、動画を撮影することをオススメしますし、最初はゆっくりな動作からスタートすると良いでしょう。

体幹を使ってスイングは、意外と知られていないコツだと思いますが、インパクトの瞬間に体幹を意識したスイングをすると、鋭く力強いスイングになる場合があります。個人差があるかもしれませんので、一度、自分自身で試してもらえると良いと思います。

筆者的な感覚になりますが、体幹に関しては、ずっと意識するものではなく、割れを作ってスイングを指導し始めてからインパクトまでの間に、瞬間的に「クッ!」と力を入れるイメージを持っています。この少しの力加減や意識で、スイングは結構変わると思っています。

ぜひ動画を参考にやってみてください。



動画引用元:3分でわかる!スイングスピードを上げるには◯◯を使って打つ!!