守備練習 暑さに負けない 足を止めないための夏の基礎練習

今回紹介する動画は、夏の守備基礎練習です。
夏といえば甲子園があり、野球においては最も熱い季節ですね。
しかし個人的に、夏の試合は苦手です。
集中力が途切れてしまったり、足が動かなくなってしまうことが多々あるからです。
そんな夏の試合は、つまらないミスが命取りとなることもあります。
体力的な課題と、捕球ミス送球ミスを改善するための基礎練習をみていきましょう。
今回は、①ゴロ捕球(動画0:58~1:56あたり)についてご紹介します。

 

 

 

やり方

  1. ボールを約1メートル間隔でつ置く
  2. 左→真ん中→右の順でスタートし捕球後、送球まで行う
  3. 3往復行う

 

 

 

ポイント

  • 足をしっかりと動かす
  • 捕球時の姿勢は低くする
  • 送球まで丁寧に行う

 

 

 

退屈な練習だと思うかもしれませんが、夏はノックや試合といった実戦形式の練習が多いと思うので、基礎練習を時々、入れることも大切だと思います。
筆者も小学生の時に「疲れたときこそ成長のチャンス」と指導され、このような足を動かす基礎練習を行っていました。
その甲斐あってか、夏の大会は自信を持って望むことが出来ました。

 

動画には、他にも夏の基礎練習について紹介しているので、参考までにご覧ください。
熱中症には気をつけて、暑い熱い夏をお送りください。



動画引用元:熱中症が最大の敵…夏の守備練習で足が動かなくなる。