捕手練習 盗塁をさせないための打者の観察とポイント

今回ご紹介する動画は、「ランナー1塁の捕手心理と対応策」についてです。
0死1塁の場面では、送りバントエンドラン盗塁など、様々なサインプレーが想定されます。
そのため、捕手はそれら全てにに対応できるよう、観察思考する必要があります。
今回は、ランナー1塁における打者観察ポイント対応策をご紹介します。

 

 

 

盗塁の際、捕手がされて嫌なこと

  • バントの構えからギリギリのタイミングで引く動作
    →ボール・バット・ミット・目線が一直線に被ると捕球が難しくなります。
    捕手は送球のためにに出たいため、ギリギリのタイミングでバットを引かれると、後ろ体重が残ったまま送球することになってしまいます。
    (※空振りで捕手の邪魔をすることは、捕手側はあまり苦になりません)

 

  • 左バッター
    ランナーが見えづらいため、反応が遅くなることがあります。

 

 

 

捕手の対応策

【観察】

  • 打者くせ特徴に合わせて構える位置を変える
    →予め打者観察し、上記したような動きをやらない打者の場合、一歩でも半歩でもに出て構えることを意識します。
  • (左打者の時)自分でしっかりランナーを見る
    半歩右足を引いて構え、左目ピッチャーを、右目ランナーぼんやり見ます。
    (例)
    バッターの体よりにランナーが見える=リードが小さい
    バッターの体に完全に被る=リードが大きい
  • ベンチに走ったらを出してもらう

 

 

 

バントの構え対策の練習方法

  1. 打者1人つけ、バントの構えで上下にバットを振ってもらう
  2. ひたすらから投げてもらうボールを捕る
    目線を塞がれるなかでも、しっかりボールを見て、普段の捕球姿勢を崩さずに捕球するようにします。

 

 

 

応用編

  1. バントの構えでボールをギリギリまで隠してから引いてもらう
  2. 送球の姿勢まで行う

 

 

 

左バッターの時のリードを刺すコツ

前に踏み出すのではなく、1歩左横にズレて右打者のバッターボックスから投げる

 

 

 

(攻撃編)ランナー1塁における有効な戦術の例

【捕手心理】
バッターがボックスの1番後ろに立ち、バントの構えをしている
盗塁が来るからストレートを要求

 

 

【打者】
裏をかいてバスター

 

 

以上がランナー1塁における観察ポイント対応策です。
この知識は捕手だけでなくバッターにも参考になると思います。
また、この考えを知っておけば、打者として有利な攻撃を仕掛けやすいと思うので、攻撃にも生かしてみてください。

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:盗塁時…打者のアシストで前が見えない!それを解決するキャッチャー国吉の技!

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。