走塁練習 盗塁の成功率を上げる アップから取り入れられる練習方法

今回ご紹介する動画は「盗塁成功率を上げる、スタート方法」についてです。
先日、筆者のチームで試合をした際に、盗塁を4本仕掛けて3本アウトにされてしまいました。
勿論、相手捕手はストライクボールを投げてきましたが、4本仕掛けて3本阻止されてしまうのは、ランナーに問題があると感じました。
盗塁成功には、ランナーの足の速さだけでなく投手のフォームを盗むことや、良いスタートを切ることが非常に重要だと改めて思いました。
そこで今回は、成功率を上げる盗塁のスタートを切る方法と練習メニューについてご紹介します。

 

 

 

盗塁のスタートを良くする方法①

スタートの姿勢は”パワーポジション

 

 

リード後の構え方
股関節を引いて重心を落とし、リラックスする
(ここでは、フラットな状態から最も早く動き出せる姿勢をパワーポジションと呼ぶ)

 

良い例
が前に出ていない
お尻が引けている
リラックスしている

 

悪い例
が前に出ている
骨盤が後傾している
太ももの前側に力が入っている

 

 

 

盗塁のスタートを良くする方法②

一歩目を二塁までの直線上に踏み出す

 

 

練習方法
キャリオカステップ
→前にクロスさせる時に素早く直線上に踏み出すよう意識する股関節の素早い内旋が出来ているかを確認してみましょう。

 

 

 

盗塁のスタートを良くする方法③

自分に合ったスタートの切り方を見つける

 

 

スタートの切り方の種類

  1. 左足の母指球で蹴るスタート
  2. 右足を少し引いて体を傾けるスタート
    →1.2も頭が下がり重心が前に乗るのでそのまま加速することが可能

 

2.の練習方法
右足の下にラインを引き、その場でジャンプして右足のみ素早く線をまたいで足の出し入れをする
→盗塁の際、足の引きを早くするためにこの練習はおすすめです。

 

 

上記の練習メニューは、盗塁練習の前ダッシュアップ等に取り入れると良いと思います。
強肩のキャッチャーがいるチームに対しても、臆することなく、どの選手がランナーにいても盗塁を仕掛けていけるチームを作れると、攻撃の幅が広がると思いました。
それでは動画をご覧ください。



動画引用元:盗塁成功率が劇的に上がる!2つの超速スタート法&トレーニング