打撃練習 スイングスピードを上げるための3種類の素振りのコツ

今回ご紹介する動画は、スイングスピードを上げるための3種類の素振りの方法です。
スイングスピードを上げることで、打球伸び速度が大きく変わります。
素振りは一人でできる練習なので、自主練習などの時に取り入れることがおすすめです。
それでは、バット重さごとの練習方法を見て行きましょう。

 

 

 

①1300gの重いバット

ポイント

  • 体全体を使って大きくスイングする
  • 全力で振るのではなく、体がブレないよう、体幹を意識する

アップとして20回ほど行います。

 

 

②890gの試合用のバット

ポイント

  • 試合を意識するのではなく、強いスイングを意識する
  • 後ろ足の溜めをピッチャーにぶつけるイメージで振る

 

 

③580gの軽いバット

ポイント

  • 体の速い回転を覚える
  • 股関節の入れ替えを素早く行うことを意識する

 

 

 

上記の3種類のバットを使用し、素振りをした後には、試合用のバットに戻し、「強く、速く」振ります。
このときに、下半身の体重移動股関節の入れ替えを意識することが大切だと思います。

 

 

バットの重さを変えることで、素振りの分解練習ができるのでぜひ実践してみてください。
最後に、早振りの正しい練習方法も紹介されていますので、そちらも併せてご覧頂けると参考になると思います。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:【素振りの極意】スイングスピードを上げる素振りのコツ!3種類のバットを使って練習しよう!【打撃練習】【バッティング練習】