握り方で違いが出る スピードの出るストレートに握り

ストレートの握りと言えば、フォーシームで縫い目に指をかけるように握る、というのが基本だと思いますが、もっと詳しく、もっとスピードが出るストレートの握りを知りたくないでしょうか。

元西武ライオンズの三井浩二さんがレクチャーしている動画なのですが、ポイントは、

 

・爪の位置が縫い目にくるように

・人指し指と中指の感覚を指一本空ける

・人指し指と中指の間から、まっすぐ下ろした所に親指を置く

・親指は腹で持つのではなく爪の横で持つ

・親指とボールの間に間隔を作る

・力まない

 

と、全部で6つになります。
いかがでしょう。知っているものもあれば、初めて知ったものもあると思いますが、改めて整理するのはとても良いことですね。

三井さんが握り方を通じて伝えているのは、いかに強いスピン(回転)をかけるためには、が前提にあると思います。なので、この握り方を実践してみて、ピッチング練習でストレートを投げる場合は、回転がしっかりかかっているか、綺麗な縦回転になっているか、を見ながら練習をやると、より良いように思えます。

では動画をご覧ください。

 

 

 

 

動画引用元:スピードの出る”ストレートの握り”を元オールスター投手が公開!