打撃練習 創成館 緩い球をしっかりと打ち返す練習

今回紹介する動画は、長崎県の創成館のバッティング練習を紹介します。動画ではノーステップ打法の練習や長尺バットを使ったロングティーもやっていますが、特に筆者が紹介したいのは、メインで撮影しているフリーバッティングです。

(この動画の時だけかもしれませんが)創成館のフリーバッティングは、バッティングマシンを使わずに、投手が緩いボールを投げてバッティングしていることが特徴だと思います。更に、金属バットではなく木製バットを使っていることも特徴的だと思います。

緩い球を打つことで、しっかりとした「タメ」を作ることができるので「割れ」の感覚も養うことができます。

選手のバッティングフォームを見ていると、フォロースルーをしっかり取ってスイングは大きく見えますが、スイング前半はコンパクトになっており、芯でボールをとらえる意識が高いように思えます。そして、引っ張り、ライナー性、流し打ち、などそれぞれで課題や目的意識を持って取り組んでいるようにも思えます。

緩い球に対して、割れをしっかり作り、バットの芯でボールをとらえて打ち返す、という練習は確実に力になるでしょう。

では動画を参考ください。



動画引用元:選抜出場!創成館のバッティング練習に密着!