打撃練習 シャトルを使ってミート力を向上させる練習

なかなかバットの芯に当たらずミート力が弱いことで悩んでいる選手は多いのではないでしょうか。ミート力の向上には、
・バットコントロール
・ボールを見極める動体視力
という2つの能力が試される訳ですが、この2つの能力を鍛える練習は様々ある中で、筆者が今回オススメする練習が、バトミントンのシャトルを打つ練習です。シャトルを使ったバッティング練習はミート力をアップするためには、非常に効果的な練習の一つと言えます。特に軟式野球をやっている選手においては、少々芯を外してもボールは結構飛んで行くため、しっかりとミートが出来ているかどうかを見極めるには普通のボールだと難しい場合があります。

なので、単純にフリーバッティングやティーバッティングをやっているだけですと、ボールの芯やバットの芯を意識することを薄れながら練習してしまいます。
課題意識が低く、単純にスイングしているだけの練習となっている訳です。

 

その点、シャトルで行うバッティング練習は、羽の部分に当たると全く飛ばないです。そして、シャトルの先をしっかりミートさせて打つためには、バットの根っこの部分だとうまくシャトルの先に当てることが難しいため(バットの根っこは細いので)バットの芯で当てようとします。

シャトルの先を狙う、バットの芯を狙う、この意識をしながらのスイングがとても重要で、結果、ミートするためのバットコントロールが身に付きやすくなり、かつボールの芯を見極める目が鍛えられる訳です。

 

動画はシャトルを使ってティーバッティングを行う小学生の動画です。動画のように連続ティーをやるのも良いですが、正面から投げて打っている選手もいるようです。

この正面から投げて打つのはとても良い練習です。シャトルをゆっくりと投げてやると、打者はしっかりと溜めをつくり、かつ、芯を狙ったバッティングも行います。溜めを作る打ち方、芯をとらえる打ち方を自然と鍛えることができるので、効果的な練習の一つと言えます。

また、シャトルは身体に当たっても、野球ボールよりは痛くないので、ケガにつながりにくいのも利点ではないでしょうか。

ぜひ、動画を参考にやってみてください。

 


 

動画引用元:朝練習シャトル打ち