打撃練習 安全に効果的な練習法 シャトル打ちのポイント

今回ご紹介する動画は、バドミントンシャトル打ちの練習についてです。
この練習法を取り入れている方は多いと思います。
自宅でもフルスイングでき、変化球の対応の練習にもなると思います。
それでは、練習方法を見て行きましょう。

 

 

 

やり方は、シンプルです。
動画のように、投げる選手は打者に向かってシャトルを投げます。
打者はそのシャトルをフルスイングで打ちます。

 

 

 

ポイント

  • 引きつけて逆方向に打ち返す
  • 最後までシャトルを見る

 

 

シャトルは抵抗を受けやすいので、落ちたり曲がったりと変化します。
最後までシャトルを見ることで、ミートしやすくなり、変化球対応できるようになると思います。
また、逆方向に打つ練習にもなります。
私は左打者だったため、シャトル打ちで流し打ちのポイントを確認していました。

 

 

この練習は、室内や限られたスペースで安全にできる練習です。
雨の日基礎練習の時におすすめです。
シャトル打ちをマスターして、変化球に対応できる選手を目指したいですね。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:【ミート力アップ!】小スペースで出来るバッティング練習!あらゆる変化をするシャトルを確実に捉えてミート力を上げる!打撃練習】【めちゃ安全】