投球練習 佐藤義則 肘から先しか振ってはいけない

現在、東北楽天ゴールデンイーグルスの1軍投手コーチをしている佐藤義則コーチが、ピッチングの指導をしている貴重な動画を紹介します。

佐藤コーチといえば、ダルビッシュ有投手と田中将大投手という日本を代表する大エースを育てたことで有名です。星野仙一氏から「日本一の投手コーチ」と言わしめた人物です。

佐藤コーチが実際に指導している時に出てきた言葉ですが、

 

投げるっていうのは簡単に言うと
肘から先だけ使う
肩は使っちゃいけない
コレはオレの教えだけどね

腕の振るってのは
肘から先しか振ってはいけない

 

とのことです。
実際に肘から先をしなるような意識で振ってみると、スピード・キレのある真っ直ぐが意図的に投げれるイメージになります。スナップスローをもっとダイナミックにした、というイメージでしょうか。

確かに、ゆっくりと投球フォームをやってみると、肩を回して投げるというよりは、全体的に身体の捻り(旋回)でボールや腕に力を伝え、最後に肘から先をしなるように振る意識にするとキレイにまとまるフォームになる感覚はあります。一度、ゆっくりなフォームで確認しながらやってみると良いかもしれません。

意識する場所を少し変えるだけで投球フォームが劇的に変わる場合がありますし、結果、球筋をすごく良くなる場合があります。佐藤コーチの教えを一度試してみては如何でしょうか。



動画引用元:【プロの技術・理論・練習】楽天 佐藤投手コーチ