打撃練習 インコースのさばき方 プロから学ぶインコースの打ち方

いよいよ本日からWBC侍ジャパンの宮崎キャンプが始まりましたね。世界一奪還!とても楽しみです。

侍ジャパンのキーマンと言っても過言ではないでしょう。
巨人の坂本選手ですが、坂本選手と言えばインコースの打ち方が球界でもトップクラス。どんな打ち方をしているのかを学びましょう。

 

(インコースは)
全然違う打ち方で打たないと、普通に打てばファウルになる

 

と坂本選手が言ってますが、キーワードは「違う打ち方で打つ」のようです。

 

インコースの厳しいボールをヒットゾーンに飛ばそうとした時は、左肘を(外へ)抜くんじゃないですか。
肘を抜かないと、普通に打ったらファウルになってしまう。

 

とのこと。
左肘を抜く、もしくは左肘を引く、というのはかなり高等テクニックでありますが、なぜこのようなテクニックが身に付いたのかというと、坂本選手の意識に他選手と違いがあるようです。

 

打ちにいったボールは全部ヒットにしたい。
「空振りでいい」「ファウルでいい」という感覚がない。

 

とのこと。
このような意識が強いからこそ、厳しいインコースでも中に入れたい気持ちが強いので、左肘を抜く、というテクニックが自然と身に付いたのだと思います。

インコースの球は、ファウルの気持ちでも良い、という考え方もありますし、ファウルが多いのはバッテリーからするとすごく嫌なバッターなので、ファウルの気持ちで打ちにいっても全く問題は無いと思いますが、坂本選手は違うようです。

実は筆者も坂本選手と同じように、打ちにいったボールは全部ヒットにしたいタイプです。なぜかというと、1スイング1スイング目一杯スイングするタイプなので単純に疲れてしまう(情けない話ですが事実です)、ということと、ファウルになりカウントが追い込まれて自分のスイングができなくなるのが嫌だからです。なので、筆者もインコースは中に入れたい気持ちがすごく強いです。

意識の違いで、その選手に合った高等テクニックが自然と身に付いた良い例だと思います。

では動画をご覧ください。

 

 

 

動画引用元:坂本勇人の神技 インコース打