守備練習 坂本勇人選手の極意! 守備の”間”とは?

今回ご紹介する動画は、「坂本選手から学ぶ、守備の”間”」についてです。
今回は巨人の坂本勇人選手の守備から、【守備の”間”】について学んでいきたいと思います。

 

 

 

守備の”間”とは

まずはじめに、今回の記事では「守備の”間”」を以下のように定義します。

  • 守備の”間”」:ボールがどこに来るか・捕り方などを瞬時に予想できて、待つ時間が生まれること
    →準備時間が長い為、イレギュラーなことが起きても対応しやすい

 

 

 

坂本選手の守備の極意

  • 捕ると決めてからの””がある
  • 常にグローブがの位置にあり、下から上の意識で捕球
  • 打球の入り方(合わせ方)に様々な動きがある
    (例)右足ケンケンで合わせる、小股でチョコチョコっと合わせるetc…
  • フライを追う際、頭の高さがブレない(=目線が上下しない)

 

 

以上が坂本選手から学ぶ、守備の形と間についてです。
坂本選手の守備のも、やはり基本の徹底が土台となって生まれるものだと感じました。
グラブ目線の位置、足の運びなど、すべてにおいて基本が極められていました。
坂本選手の守備からは、ショート以外のポジションの選手でも盗める点が多々あるので、是非参考にしてください。
また、守備の間は、打球を受けた分だけ身につくので、皆さんも動画内の坂本選手の間を見て、イメージを掴んでください。

それでは動画をご覧ください。

動画引用元:坂本選手をお手本に!守備の「間」⚾

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。