巨人の坂本と阿部も実践 軸足に体重をしっかり乗せる練習

当サイトで何度か紹介しましたが、「後ろから投げるティーバッティング」と「ロングティーバッティング」についてです。

飛距離アップを目指したい、強い打球を打ちたい場合、色んな練習があると思いますが、筆者としましては、まずこの2つが最適な練習だと思います。

強い打球を打つためには、軸足にしっかりと体重が乗った状態を作り、その体重をしっかりとボールに伝える必要がありますが、このかたちを作り出すためには、この2つの練習が最適です。

 

まずは、巨人の坂本選手が実践している「後ろから投げるティーバッティング」ですが、動画を見て頂けると分かる通り、坂本選手は、しっかりと後ろを見てからスイングしてます。この練習の良いところは「後ろを見ることで軸足への体重を勝手に意識する」という点です。
軸足に乗った体重をスイングと同時にボールに、そして前へ強くぶつける練習としては、この練習がとても最適です。

 

 

 

 

動画引用元:巨人 坂本 バッティング 練習風景 後ろからのティバッティング

 

続いて、同じく巨人の阿部選手ですが、ロングティーを実際にやってます。阿部選手のキャンプ練習が何度かテレビで放映されてますが、いつもロングティーをやっているイメージがあるぐらい、阿部選手が多様している練習の一つと言えます。
この練習の良いところは、自分の飛距離やボールの回転を確認できることです。阿部選手のように、しっかりと軸足に体重を乗せないとボールが飛ばないので、ロングティーは自然と軸足体重を意識しやすくなる練習になります。
この時、投げ手側は、いつものティーより少し離れるとよりタメが生まれる練習が可能になると思います。

動画引用元:巨人 阿部選手 バッティングフォーム ロングティー