打撃練習 スクイズを極める! 成功率を上げるポイントとコツ

今回ご紹介する動画は、「スクイズを成功させるポイント」についてです。
スクイズは、拮抗した試合で目にすることがあると思います。
大事な試合では、スクイズのサインを出す指導者もサインを出された選手もプレッシャーを感じますよね。
そんなスクイズの成功率を上げるための、コツと練習方法をご紹介します。

 

 

 

まずはじめにバントには、おおまかに3つの形があります。

 

 

  • オープンスタンス
    投手と正対するオーソドックスな形
    広い範囲でバットをコントロールできるのでおすすめ
  • クローズドスタンス
    足をクロスすることが特徴
    自分の体の近くにボールが来ると、バットにボールを当てづらくなってしまうデメリットがある
  • スクエアスタンス
    足を平行にすることが特徴
    クローズドスタンスと同様に自分の体の近くにボールが来ると、バットにボールが当てづらくなってしまうデメリットがある

 

 

今回は、スクイズですので最もオーソドックスオープンスタンスをおすすめします。
送りバントやセーフティーバントにおいては、バントをしやすい形を選ぶと良いと思います。

 

 

構え始めるタイミング

投手が投球動作に入り、右投手の場合は左足が地面につくのと同時に構え始める

 

 

構えが遅いと、バッテリーに外されたときに反応が遅くなってしまいます。
また、構えが早いとバッテリーにスクイズと察知されてしまいます。
なので、投手が左足をつくタイミングで構え始めることが丁度よいと思います。

 

 

 

ポイント

  • 投手が投げたボールが、バットに当たるまでしっかりと見る
  • バットを握る下の手の位置は、最初構えからあまりずらさずにバントする
  • 丁寧にボールを受け取るイメージで行う

 

 

 

注意点

  • 足がバッターボックスから出ないように気をつける

 

スクイズの抑えたいポイントをご紹介しました。
スクイズのサインを出された選手は、プレッシャーを感じるとは思いますが、自分が犠牲になってでも3塁ランナーを帰そうという強い気持ちで挑んでほしいですね。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:スクイズを絶対成功させる!必ず押さえたい動作的ポイントとは?