打撃練習 軸足はつま先、前足はかかとで回転力を増す

今回紹介する動画は、右打者のパワーのありそうな選手が豪快なスイングでティーバッティングしている動画です。

このバッティングフォームに関しては、賛否両論あるかもしれませんが、筆者的には抜群に良いと思います。答えは単純で、ここまでフォロースルーが大きく、しっかり最後まで振り切れることは難しいですし、何よりこのバッターに合っている(長所を活かしている)ように思えるからです。

 

最大の特長は、前足(このバッターで言うと左足)のつま先を立てて、かかとで回っていることですね。バリーボンズを彷彿させるような、つま先とかかとの2つの支点を利用して、回転でスイングするイメージです。

確かに、前足のつま先を上げて、かかとを軸にすれば回転の範囲が広がり、フォロースルーが大きくなるのは実感できます。しかし、身体の開きが早くなってしまったり、個人的な印象としては前足の膝が痛くなったのを記憶してます。結構、身体をしっかり鍛えておくこと、柔軟性が高くないと出来ないバッティングフォームだと感じました。

冒頭でも言った通り、この打ち方には賛否両論あると思いますが、自分に合った打ち方を模索し、自分の強みが活かせるスイングが出来るためにあらゆることにチャレンジすることは、とても大切なことだと思います。

ぜひ、この動画に出ている選手には、このバッティングフォームを貫いて大成して欲しいと思います。ぜひ参考にして、一度チャレンジしてみては、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

動画引用元:バッティング