打撃練習 逆手打ちでヘッドを走らせるスイングに

今回紹介する動画は、西武・源田選手、巨人・坂本選手、ヤクルト・大松選手、元広島・前田氏が行っていた「逆手打ち」の練習を紹介している動画です。

逆手打ちというのは、通常のバットの握りを上下反対にすることです。右バッターの場合、通常は右手が上で左手が下ですが、逆手打ちは右手が下で左手が上でティーバッティングを行います。

実際に打つ時は、動画でもおっしゃってますが、ヘッドの返りを意識的に感じながら、なるべくレベルスイングで自然に振ると良いでしょう。

何球か逆手打ちでスイングしましたら、手首にヘッドの返りの感覚が残ったままで、普通の順手でスイングします。手首が返っている感覚を強く感じられると思います。

特にこの逆手打ちをやって欲しい選手が、力任せでスイングしており、シャープさをあまり感じられず、インパクトの時に「ガツっ」という感じでボールを捉える選手は、ヘッドが走っていない選手が多いです。内角が詰まったり、外目の打ち頃のコースでもファールになったりすることが多い選手は、ヘッドが走っていない可能性が高いです。

ヘッドの走りを意識して、逆手打ちの練習を行うと良いでしょう。



動画引用元:スイングで「ヘッドが走る」魔法の技術!西武L源田選手の冬トレ公開SP!

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催