データで楽しむ野球トレンド(第99回高校野球選手権大会 甲子園出場校編)

8月1日、仙台市で夏の全国高校野球宮城大会決勝が行われ、東北高校に7対2で勝った仙台育英高校が2年ぶり26回目の夏の甲子園出場を決め、ついに夏の全国高校野球に出場する代表49校が決定しました。

前回、ランキングコーナーでは地方予選編ということで、「都道府県名 ✕ 高校野球」のオンライン流通量を分析した記事をお届けしました。 今回の甲子園出場校編では、上記のデータと一部連携した分析記事をお届けしますので、まだご覧になっていない読者の方はぜひ下記リンクからチェックしてください!

データで楽しむ野球トレンド(第99回高校野球選手権大会 地方予選編)

 

高校野球「都道府県名」「出場校名」比較グラフ

以下は「出場校名」と「都道府県名」のTTV(オンライン流通量)を共存させた2軸グラフです。 主軸=左目盛の棒グラフが「出場校名」、第2軸=右目盛の折れ線グラフが「都道府県名」となっています。

まず目をひくのは、棒グラフの横浜高校でしょう。TTV100万超は2位の大阪桐蔭とくらべてもダブルスコア以上の開きがあります。某テレビ番組の高校野球特集でも出演者が「熱烈な横浜高校ファンの存在」にを語っていましたが、それを裏付けるような結果となりました。

折れ線グラフに目を移すと、松商学園(長野県)が突出しています。地方予選編をお読みいただいた方は、長野県の高校野球に関するTTVが東京都の1.3倍をマークしていたことがご記憶にあるかもしれません。 ただし注目すべきは、松商学園の高校名でのTTVはそれほど多くない・・・というよりむしろ下位であることで、他校を見ても高校名TTV(棒グラフ)と都道府県名TTV(折れ線グラフ)には相関性がないようです。

つまり、甲子園出場校としての人気は地域の盛り上がりではなく、他の何かによって決まってくるということです。 おそらくは学校によるブランディングやスター選手の有無などが要素になっていると思われるので、このまま分析および考察を進めてみたい気もしますが、本記事のコンセプトは甲子園大会の実際の盛り上がりとネット上のムーブメントを比較することにあるので、一旦クールダウンして、宿題扱いとさせていただきます。

今後、大会が進むに従って注目選手のランキング、総括および成績優秀校の考察などについて記事作成を予定しています。 勝ち進んだ高校については改めて掘り下げる機会が出て来るはずなので、大会の進行と併せてご期待いただければ幸いです。

今回も、個別データを以下にご紹介しておきます。

高校野球「都道府県名」「出場校名」比較データ

調査内容:「甲子園出場高校名 ✕ 高校野球・甲子園」のTTV(メディア露出数、検索数、クチコミ数)
調査期間:2017年6月2日〜2017年8月1日(2ヶ月)
TTV合計:4,580,860(回)
※「都道府県名TTV」はコチラを参照してください

eラーニングベースボールでは、高校野球をさらに盛り上げるためにも、いろいろな切り口で分析記事を執筆していきたいと考えています。 リクエストにも前向きに対応していきますので、ぜひ、みなさんのご意見をお聞かせください。

特に、常に最新で正しい情報を伝えて行きたいとお考えの監督やコーチといった指導者の方やお子さんが野球をやっている親の方のリクエストは大歓迎です。

この記事はクールジャパンを専門に様々な業態のマーケット情報をブログ形式で提供されている「Xビジネス」との記事コラボレーションです。こちらも併せてご一読いただけると幸いです。

「高校野球 地方予選」都道府県別ランキング

「高校野球」甲子園出場校ランキング

facebookにてコメントお待ちしてます。
コメントはコチラから。