投球練習 素速く投げるクイックスローのコツ

今回ご紹介する動画は、「クイックスロー」についてです。
内野手は特に、クイックスローの練習は日頃から行っていきたいですよね。
今回もムコウチルドレンユウト君にアドバイスをさせていただきながら、練習をしました。
それでは、捕ってから素速く投げるための練習方法とポイントについて見ていきましょう。

 

 

 

ボールは持ち替えたいところで捕球する

実際によく目にすることが多いのが、ボールを迎えに行ってしまうことです。
自分がボールを迎えに行くより、ボールが向かってくるスピードのほうが速いので、そのスピードを利用して持ち替えたいところで捕球することが大切です。
そして、グラブを持つ手はなるべく力を入れず、顔の周りで捕球するようにしてみてください。

 

 

 

足を動かす

ボールを持ち替えたいところで捕球することが、素速くボールを投げるコツなので、相手からの送球に合わせて動くことが重要です。

 

動画内で伝えられなかったのですが、足のステップも意識するようにしましょう。
捕球するタイミングで左足(右投げの場合)を一歩前に出します。

 

 

私は、野球の一番の基礎練習はキャッチボールだと思います。
キャッチボールは2人でできることや、クイックスロー遠投など野球に必要なスキルを習得することができるので大切にしたい練習だと思います。

 

それでは、動画をご覧ください。

動画引用元:クイックスローのコツ! ポイントは”迎えに行かない”! ムコウチルドレンのユウト君、成長への道!

ライター名

ごっちん
ごっちん
You Tube【GTちゃんねる】に出演しています!
小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました!
中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。
大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。
当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!!
群馬県出身です!
ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!

ABOUTこの記事をかいた人

You Tube【GTちゃんねる】に出演しています! 小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました! 中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。 大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。 当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!! 群馬県出身です! ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!