守備練習 クイックスロー キャッチしてから素早く送球する基本練習

キャッチボール練習の締めくくりとして「クイックスロー」をよくやりますが、今回紹介する動画は、このクイックスローの基本を学びます。

クイックスローで重要になるのが「足の使い方」です。悪い例でも出てますが、

 

・ボールと顔が離れ過ぎた状態でキャッチする
・足をまったく動かさないでキャッチする

 

と、次の動作へスムーズに進めず、クイックで投げることが難しくなります。なので、ボールが少し離れてたところへ投げられた場合は、しっかりと顔の近くでキャッチできるように、足を素早くボール近くまで運ぶ必要があります。常に足を動かして、いつ・どんなところへボールが飛んで来ても良いように、準備しておきます。

クイックスローでは、ボールがグローブに触れる瞬間(右投げの場合は)右足を一歩前に踏み出して、次の動作(スローイング)にスムーズに運べるようにします。悪い例でも述べましたが、決して足が止まった状態でキャッチングしないように心がけてください。そして、踏み出し方も、ただ一歩前に出すのではなく、右足の内側を投げる相手に見せるようにして、踏み出すとより良いでしょう。

動画の中盤から、小学生の選手が実際にやっているシーンがありますが、この選手のように、最初はクイックではなくて良いので、基本の順番通りに、右足を大きく出してから、しっかりと相手の胸に向かって投げる、ということから、まずはスタートすると良いでしょう。慣れてくれば、徐々にスピードを上げれば良いです。

まずは基本に忠実に。動画を見て参考にしてみてください。

 


動画引用元:小学生 基礎から学ぶ野球トレーニング 【第2回】キャッチング・キャッチボール 4.グローブをはめてキャッチング